北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 領域別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building III 4F
TEL:0761-51-1541
研究室ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

長尾 祐樹 (ナガオ ユウキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

筑波大学学士(理学)(2001),筑波大学修士(理学)(2003),九州大学博士(理学)(2006)

■職歴

東北大学助手(2006),東北大学助教(2007),独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究員(2010),京都大学非常勤講師(2010),京都大学連携研究員(2011),北陸先端科学技術大学院大学准教授(2012-現在),東京大学非常勤講師(2017)

■専門分野

ナノプロトニクス

■研究テーマのキーワード

燃料電池、プロトニクス、高分子、金属錯体、酸化物

■研究課題

ナノプロトニクス:組織構造化する高プロトン伝導性高分子を用いた物質界面のデザイン
研究室ガイド

■研究業績

◇発表論文

  • Synthesis of Mesoporous Nanoparticles via Microwave-assisted Method for Photocatalytic Degradation of Phenol Derivatives,
    N. F. Jaafar, N. A. Marfur, N. W. C. Jusoh, Y. Nagao, N. H. N. Kamarudin, R. Jusoh, M. A. M. Iqbal,
    Malaysian J. Anal. Sci.,acceoted.,2019/6
  • Molecularly Conductive Behavior of Blended Polymer Electrolyte-based CMC/PVA,
    M. H. Saadiah, D. Zhang, Y. Nagao, A. S. Samsudin,
    Makara J. Tehnol.,23,27-31,2019/6
  • Electrical Properties of A Novel Solid Biopolymer Electrolyte based on Algi-nate Incorporated with Citric Acid,
    A. F. A. Fuzlin , N. S. Ismail, Y. Nagao, A. S. Samsudin,
    Makara J. Tehnol.,23,48-52,2019/6

全件表示

◇講演発表

  • 高プロトン伝導性スルホン化ポリイミド薄膜における構造規則性と分子量の相関,長尾祐樹, 小野祐太朗, ?倉健作, 後藤崚介, 末次輝太, 原光生, 永野修作, 安部隆,2018年 第79回応用物理学会秋季学術講演会 2018, 9, 18-21
  • Study on molecular orientation in polymer electrolyte thin films by IR pMAIRS,Y. Nagao,2018 KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics (KJF-ICOMEP 2018) 2018, 9, 4-7
  • スルホン化ポリイミド薄膜における主鎖剛直性とプロトン伝導,長尾祐樹, ?倉健作, 小野祐太朗, 後藤崚介, 末次輝太, 原光生, 永野修作, 安部隆,第67回高分子討論会 2018, 9, 12-14

全件表示

■担当講義

有機材料物性特論,機能性ナノ材料特論(E)

■学外活動

◇所属学会

  • 英国王立化学会,2014-
  • 応用物理学会,2012-
  • Materials Research Society,2012-2014

全件表示

◇国際会議主催状況

  • The 3rd Malaysia-Japan Joint Symposium on Bio-Nanosensors 2016,Director of IMEN, UKM, Prof. Dato' Dr. Burhanuddin Yeop Majlis,2016/12/14-16,UKM(Malaysia)
  • The 2nd Malaysia-Japan Joint Symposium on Nanoelectronics 2015,Prof. Tsukahara, JAIST,2015/11/11-12,JAIST
  • The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016),Prof. Kaneko, JAIST,2016/03/04-07,JAIST

全件表示

◇その他の国際・国内貢献等

  • 日本化学会,日本化学会「化学と工業」 編集委員 (2016.3-)
  • 学振,接合界面創成技術第191委員会委員 (接合界面創成技術)(2015.10-)
  • 科学技術専門家ネットワーク ,専門調査員 (2014-)

全件表示

■共同研究等希望テーマ

  • 燃料電池材料、電極界面の分子配向同定、分子性表面改質、日本語の総説はこちら