電気保安分野で産学連携プロジェクト-「音声つぶやきシステム」を活用した技術継承支援で共同研究開始-

 

一般財団法人北陸電気保安協会(富山県富山市、理事長・須河 元信)と
北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市、学長:寺野 稔、以下「JAIST」)は、
産学連携の取組として、電気保安分野での技術伝承、サービス向上に関する共同研究契約を
2022年3月25日に締結しましたので、お知らせいたします。

デジタル技術の急速な進展により、電気保安分野においても、
IoT・AIの利用による技術変革に積極的に取り組むことが求められています。
また、品質の向上を図るうえで、保守員の技術継承の進め方も重要な課題となっています。
このような背景から、既に介護分野や農業分野での研究実績がある
JAIST先端科学技術研究科 内平直志教授の研究グループによる
「音声つぶやきシステム」を用いた作業者の“気づき”収集・活用についての研究シーズを、
電気保安分野に適用します。

※音声つぶやきシステムは、マイクとスマートフォンにより現場で作業中に音声と写真の録音・撮影が可能であり、収集した音声を音声認識によりテキスト化し、準リアルタイムで音声・テキスト・写真の共有を行うことができるシステムです。2010年から北陸先端科学技術大学院大学等で継続的に研究開発され、現在では、主に看護・介護、警備、保守・点検、漁船の機関業務など、様々な場面に応用されています。

 

詳細は、本学ウェブサイト掲載のプレスリリースよりご確認ください。
URL:https://www.jaist.ac.jp/whatsnew/press/2022/03/28-2.html