IoT・AIイノベーション
プログラム

【博士前期課程】知識科学と情報科学の両方を学び、デジタル時代のイノベーションをデザインできる情報技術者・経営者を育成する

※2022年度から「IoT・AIイノベーションプログラム」に名称変更となります。

IoT(Internet of Things)/人工知能(AI)/CPS(Cyber-Physical System)などのデジタル技術の進展と普及により、従来なかったビジネスおよびビジネスエコシステムが登場し、社会に大きな変革(第4次産業革命、スマートインフラ、スマートカー、スマートシティ、デジタルトランスフォーメーション)をもたらしつつあります。この変革は、産業界にとってイノベーション創出の大きな機会ですが、その実現は容易ではなく、困難を克服し機会を生かすイノベーション・マネジメントが求められています。

IoT・AIイノベーション(IAI:IoT/AI Innovation)プログラムでは、JAISTが得意とする最先端の情報技術と技術・サービス経営の研究・教育の実績に基づき、最近の付加価値や競争力の源泉であるIoT/AI/CPSなどのデジタル技術の習得とともに、いかにしてイノベーションを起こすかにも焦点を当て、IoT・AIイノベーションを先導する人材の育成を行います。本プログラムでは、技術・サービス経営の知識に加え、最先端の情報科学の講義を学びます。また、学んだことを研究論文としてまとめることで、IoT・AIイノベーションの本質を理解し、ゼロから新しい価値を創造できる思考力・応用力が身につきます。

教育陣

教員一覧ページをご参照ください。