JAIST Nishimoto Laboratory

研究生での入学を希望する皆様へ

  • 現在,当研究室では研究生の受け入れを行っていません.悪しからずご了承下さい.
  • 入試に合格し,正規学生として入学した学生の研究室配属は,言うまでもなく受入れております.

当研究室への配属を希望する皆様へ

  • About Usのページを見て,研究テーマについて概要を知って下さい.
  • さらに詳しく個々のテーマについて知りたい方は,PublicationsのページやResearchのページ(こちらはまだコンテンツが不十分ですが)を見て下さい.
  • 研究室に入りたいなと思ったら,To Applicantsのページを見て,配属学生に求めることや,研究室の活動について知って下さい.
  • その上で,西本宛にメールを送って,研究内容に関する面談のアポを取って下さい.

最近のできごと

Accessed 134780 times since November 16, 2009.
  • 2022年5月26日(木):M2の澤田君が,情報処理学会の第117回グループウェアとネットワークサービス研究会で,以下の発表を行いました.
    • 澤田健太郎,吉松駿平,高島健太郎,西本一志:他者との視点共有により観察者の視点の内省と拡張を促す2段階グループフィールドワーク手法の提案,情処研報,Vol.2022-GN-117, No.7, pp.1-8, 2022.

  • 2022年5月12日(木):D3の魏さんが国際会議 HCI International 2022 に投稿していた以下の論文が採録となりました.おめでとう!これで学位取得に1歩接近ですね.
    • Jianning Wei, Kazushi Nishimoto, Kentaro Takashima: SwaPS: A Method for Efficiently Relearning Chinese Characters Just by Reading Documents Including Incorrectly-Shaped Characters, HCII 2022 - Late Breaking Work - Papers, Springer LNCS series, 2022. (to appear)
  • 2022年4月28日(木):学生主催のイベント企画サークルである Emotional-D が復活し,最初の企画である新入生歓迎会・交流会をこの日オンラインで開催しました. 第1部は学長からのメッセージと,各サークルの紹介.第2部は新入生と教員や先輩学生との自由な交流会という構成でした.リーダーの増田君@高島研をはじめとするメンバーの皆さん,お疲れさまでした.
  • 2022年4月13日(水):M1の学生たちによる研究室訪問が早速スタートしたようです.この日は4人のM1と面談を行いました.
  • 2022年4月12日(火):1-1期が始まりました.今学期,西本はK469知識創造支援メディア論,高島はK125知識科学実験/調査のためのシステム開発入門の講義を,それぞれ担当します.
  • 2022年4月8日(金):西本は,コロナウイルスワクチンの3回目の接種を受けました.今回は職域ではなく,一般の医院での接種としました.副反応としては,発熱は無かったのですが,もともと不整脈持ちであるが故か,接種翌日に心臓の期外収縮が頻発したのがちょっとつらかったです.いろいろありますね.
  • 2022年4月4日(月):新入生が入学しました.当研究室への仮配属(正式には「導入配属」と言いますが)は4名で,うち2名は事前配属内定者です.また,高宗楓さんが博士後期課程に進学しました.引き続き3年間(?),よろしくお願いいたします.
  • 2022年4月1日(金):新年度が始まりました.2020年度から2年間,西本は知識科学系の学系長の任にありましたが,ようやく解放されました.時間的に余裕ができるはずなので,久しぶりでプログラミングに再挑戦しようと思っています.
  • 2022年3月25日(金):今年もコロナ禍の影響で一堂に会しての送別会を開催できませんでした.ですので,昨年に引き続き,送別会代わりにオンラインでゲーム大会を開きました.今年はお絵描き伝言ゲームを行いました. とんでもない絵が描かれ,それを見た人がとんでもない解釈をしていくことで,スタートとゴールで全然違う絵ができあがり,みんなで大笑いする楽しいひと時を過ごすことができました. 今回のM2の修了生たちとは,結局一度も飲みに行くことができずじまいでした.いつか,同窓会などの機会に酒を酌み交わして語り合えることを楽しみにしています. 今後,社会での皆さんの活躍を心から期待しています.

    今回の企画を担当してくれたM1の濱口君,どうもありがとうございました.

  • 2022年3月24日(木):根上総合文化会館タントで,令和3年度の学位記授与式が挙行されました.西本・高島研からの修了生は後期課程1名+前期課程6名ですが,すでに赴任先に移動した学生もいたため,式には前期課程の3名だけが参加しました. 皆さん,学位取得おめでとうございます.そして,お疲れさまでした.それぞれに,JAISTで何を得たかは違うと思いますが,ここでの経験をこれからの人生に活かしていっていただければと思います.がんばってください!

    修了生3名+教員2名

    M1吉松君が応援に駆けつけてくれました

  • 2022年3月22日(火):Bui Ba Hoang Anh さんの以下の論文が公開されました.たとえば日本語を学びたいアメリカ人留学生と,英語を学びたい日本人とが,同時に互いの言語を学びあう新たな語学学習法とその支援手段に関する研究です.ぜひご一読ください.
  • 2022年3月14日(月)・15日(火):情報処理学会の第197回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会と第116回グループウェアとネットワーク研究会がオンサイト(国士舘大学)とオンラインで開催され,当研究室からは以下の5件をオンラインで発表しました. どの発表にも多くの質問があり,Scrapbox上でも多数のご意見を頂戴することができました.とても意義ある発表だったと思います.
    • 犬伏萌々子,高島健太郎,西本一志:OBJEChaT:身近な物理的オブジェクトを配信することで雑談を誘発するインフォーマルコミュニケーションシステム,情緒研報,Vol.2022-GN-116, No.5, pp.1-8, 2022.
    • 邸 冲,劉 俊,高島健太郎,西本一志:EULIKO:日本語を学習する中国人のカタカナ語回避現象を改善するための学習支援システム,情緒研報,Vol.2022-HCI-197, No.12, pp.1-7, 2022.
    • 高宗 楓,高島健太郎,西本一志:円グラフやジェスチャなどの非言語情報が属性フレーミング効果に与える影響,情緒研報,Vol.2022-HCI-197, No.18, pp.1-7, 2022.
    • 菊池宗一郎,高島健太郎,西本一志:GOCCO:任意の仮想会議参加者を導入可能とすることで他者視点発言を引き出す非対面同期型議論システム,Vol.2022-GN-116, No.17, pp.1-8, 2022.
    • 竹内慎吾,高島健太郎,西本一志:MonoBocai:モノボケを活用して知覚され難いアフォーダンスをあぶりだす発散的思考技法,Vol.2022-GN-116, No.20, pp.1-8, 2022.

    犬伏さん@GN116

    高宗さん@HCI197

    邸君@HCI197

    菊池君@GN116

    竹内君@GN116

  • 2022年3月1日(火):今年もコロナの影響でインタラクションの打ち上げや修了生の送別会などを開催できません. 一部の修了生が早々に就職先に移動するということもあり,インタラクションの開催中が最後の集合チャンスということで,修了生の記念写真撮影を行いました. 博士の学位を取得することになった Anh さんも,ベトナムからオンライン接続で参加してくれました.

    7名の2021年度修了生たち

    修了生とその他大勢