JAIST Nishimoto Laboratory

当研究室への配属を希望する皆様へ

  • About Usのページを見て,研究テーマについて概要を知って下さい.
  • さらに詳しく個々のテーマについて知りたい方は,PublicationsのページやResearchのページ(こちらはまだコンテンツが不十分ですが)を見て下さい.
  • 研究室に入りたいなと思ったら,To Applicantsのページを見て,配属学生に求めることや,研究室の活動について知って下さい.
  • その上で,西本宛にメールを送って,研究内容に関する面談のアポを取って下さい.

最近のできごと

Accessed 109592 times since November 16, 2009.
  • 2020年1月14日(火):インタラクション2020の採否通知があり,8件の投稿論文全部が無事採録となりました(まあ,よほどの問題が無い限り不採録にはならないのですが).なお,プレミアム発表採録は,今年は1件だけでした.
  • 2019年12月25日(水):インタラクション2020への投稿の熱がまだ冷めやらぬこの日,片町の居酒屋「千の升」さんで忘年会を開催しました.非常に盛り上がった,楽しい忘年会でした.いくつか事件もあったような気がしないでもないですが・・・(笑).幹事さん,お疲れ様でした.どうもありがとう.

    幹事の山田君による乾杯の音頭

  • 2019年12月23日(月):毎年恒例のインタラクション2020シンポジウムのインタラクティブ発表論文の投稿〆切日でした.だいぶすったもんだいたしましたが,今年もどうにか8名のM2全員が投稿することができました.
  • 2019年12月6日(金):Bui Ba Hoang Anh さんの博士学位に係る予備審査が開催され,無事合格となりました.次は公聴会ですが,そこに進む前にいくつかのハードルがあり,ちょっと一筋縄ではいきそうにありません.Anhさん,がんばって乗り越えてください.
  • 2019年11月23日(土):千葉大学で開催された,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019(SSI 2019)に西本が参加し,不便益システム論のセッションで以下の発表を行いました.
    • 西本一志:不便益の定義と不便益システムのデザイン指針に関する一私案,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019講演論文集,SS12-05,2019.
    従来から,不便益研究者の中でも何を不便益とみなすかについての揺らぎがありました.そのような揺らぎが生じない,新しい定義を提案した論文です.

  • 2019年11月8日(金):2019年3月に前期課程を修了した王晨(WANG, Chen)君の修士論文の内容をまとめた論文が,情報処理学会の論文誌に採録されました.
    • 王晨,高島健太郎,西本一志:視認可能ないし不可能なレベルの微小な身体動作を伴う認知的作業に視覚的自己観察が与える影響,情報処理学会論文誌,Vol.61, No.2, 2020. (採録決定)