JAIST Nishimoto Laboratory

当研究室への配属を希望する皆様へ

  • About Usのページを見て,研究テーマについて概要を知って下さい.
  • さらに詳しく個々のテーマについて知りたい方は,PublicationsのページやResearchのページ(こちらはまだコンテンツが不十分ですが)を見て下さい.
  • 研究室に入りたいなと思ったら,To Applicantsのページを見て,配属学生に求めることや,研究室の活動について知って下さい.
  • その上で,西本宛にメールを送って,研究内容に関する面談のアポを取って下さい.

最近のできごと

Accessed 113416 times since November 16, 2009.
  • 2020年5月11日(月):江波亮君の最終審査が実施され,無事に合格となりました.コロナウイルスの影響で講義等がすべてオンライン化されている中での審査でしたので,不正防止の目的で(不正のしようも無いと思うのですが)発表者の江波君と主査の西本だけが同室し,両者マスク着用でソーシャルディスタンスを保ちつつ向かい合い,副査の先生方は遠隔から参加するという,かつて経験したことがない形態での審査となりました.やってみると,意外と滞りなく実施できてしまいました.ともあれ,江波君,合格おめでとう.

  • 2020年4月20日(月):開始が遅れていた1-1学期が,この日に始まりました.ほぼすべての講義がオンライン会議システムを使用しての実施となります.講義する側も,される側も,手探りでの挑戦が続きます. 特に実習を含むアクティブ・ラーニングが非常に難しい.重要研究課題ですね.
  • 2020年4月17日(金):オンライン会議システムを用いて,知識科学系主催の新入生歓迎会を開催しました.何人くらい参加してくれるか,不安に思っておりましたが,蓋を開けてみると130名ほどの参加がありました. オンライン会議システムでは,一度に一人しかしゃべれないので,なかなか「雑談」をする事が難しいのですが,自己紹介を順番に回してなんとかそれなりに盛り上がることができたかと思います. 西本研的には,こういう経験はいろいろなコミュニケーション支援系研究のタネになるように思います.
  • 2020年4月15日(水):10日あまり遅れて,新入生が入学しました.ただし,入学式は中止.オリエンテーションも,予定していた各種企画の大部分は中止となり,Microsoft Surfaceの配布だけが唯一の企画?となりました.
  • 2020年4月7日(火):3月16日(月)・17日(火)にオンラインで開催された,情報処理学会第110回グループウェアとネットワーク研究会で,当時M2の下村賢人君による以下の発表に対し,GN研究会優秀発表賞が授賞されました.おめでとう!研究の内容は,飲酒によって向上すると言われる発想力を活用する,新たな2段階式発散的思考技法の提案と,その有効性の検証結果です.この研究会での受賞は,大昔に六の膳で天野謙太君が受賞して以来かと思います.

    JAISTウェブサイトでの受賞報告はこちら

    • 下村 賢人 , 高島 健太郎 , 西本 一志:飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討,情処研報グループウェアとネットワークサービス(GN),2020-GN-110(9),pp.1-7 (2020).

  • 2020年4月3日(金):元々の予定では,本日入学式が挙行され,新入生で賑わう年度初めとなるはずだったのですが,今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で,他大学と同様,本学でも入学式が延期され,今のところ4月15日(水)に行われることになりました.この影響で,講義の開始も2週間ほど遅れ,4月20日(月)に1-1学期が開始予定です.これ以上この新型肺炎問題が拡大しないことを願うばかりです.
  • 2020年4月1日(水):新年度が始まり,大学の運営体制が新体制に移行しました.浅野前学長の後を受け,新学長に寺野稔先生が就任されました.また,知識科学系の執行部も交代し,西本が新学系長に任命されました.
  • 2020年3月27日(金):浅野学長の退任挨拶がありました.これもコロナウイルスの影響で,全員が一堂に会するのではなく,学内のあちこちにあるデジタルサイネージに映像を中継しての,分散開催となりました.浅野先生,長い間,お疲れ様でした.

  • 2020年3月25日(水):学位記授与式が挙行されました.今年はコロナウイルス問題の影響で式の規模が大きく縮小され,博士学位取得者と,修士学位取得者のうち優秀修了生のみが出席し,その他の修了生らはYouTubeで中継される式を見守るという形になりました.学位記も別途郵送されることになったため,やり遂げた感が非常に乏しい修了の日となってしまいました.たいへん残念ではありますが,やむを得ません.来年は,いつも通りの学位記授与式を開催できることを,心より願うばかりです.またこの日の夜には,送別会を開催しました.

    裏技で学位記を入手した織田君と

  • 2020年3月16日(月):情報処理学会の第187回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会および第110回グループウェアとネットワーク研究会が,いずれもZoomを使ってオンライン開催され,当研究室の修了生6名による以下の発表が行われました.オンライン発表は,インタラクション2020で十分に練習済みだったので,今回はほぼノートラブルで進行することができました.両研究会でプログラムが重なってしまい,全員の発表を聴くことができませんでしたが,まあおそらく大きな問題はなく発表できたのではないかと思います.
    • 井鳥 利哉 , 高島 健太郎 , 西本 一志:補集合的知識としてのゴミによるアイデア創出支援~プラスチックモデルの改造を対象として~,情処研報ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),2020-HCI-187(11),pp.1-8 (2020).
    • 岩渕 悠太 , 高島 健太郎 , 西本 一志:意図的に埋め込まれたバグによるプログラミング学習支援,情処研報ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),2020-HCI-187(12),pp.1-6 (2020).
    • 山本 航平 , 高島 健太郎 , 西本 一志:「ついスマホをいじってしまう」逸脱状況アウェアネスの共有による作業復帰支援,情処研報ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),2020-HCI-187(28),pp.1-5 (2020).
    • 板橋 拓也 , 高島 健太郎 , 西本 一志:バトン型コミュニケーションによるボトムアップな人的交流誘発の試み,情処研報グループウェアとネットワークサービス(GN),2020-GN-110(3),pp.1-7 (2020).
    • 植野 涼 , 高島 健太郎 , 西本 一志:比喩生成における喩辞先発想の効果とその発想支援への応用可能性,情処研報グループウェアとネットワークサービス(GN),2020-GN-110(7),pp.1-5 (2020).
    • 下村 賢人 , 高島 健太郎 , 西本 一志:飲酒による認知機能への影響を活用する発散的思考技法の検討,情処研報グループウェアとネットワークサービス(GN),2020-GN-110(9),pp.1-7 (2020).
    これにて修了生の予定はすべて完了です.お疲れ様でした.

    山本君のオンライン発表の様子

  • 2020年3月13日(金):まだ研究会発表などが残ってはいるのですが,今年は学位記授与式が縮小開催となり,当研究室の修了生は誰も式には参加しないということで,修了生が全員集合できるのが今日しかありませんでした.というわけで,修了生の全員集合記念写真を撮影しました.その後,M1学生からの記念品として,鶴来の名産品である醤油が贈呈されました(笑).これまでにもいろいろな記念品贈呈を見てきましたが,醤油が贈られたのは初めてです.修了生の皆さん,例年とは違い,世の中が浮き足立った雰囲気の中での社会への船出となりますが,ぜひ流されることなく,しっかりと足を踏みしめて生きていってください.まずは,新型肺炎には気をつけて.

  • 2020年3月9日(月)~11日(水):インタラクション2020が開催されました.本来は学術総合センター内一橋講堂での開催予定だったのですが,新型肺炎問題で実際に人が集まって開催することは取りやめとなり,オンライン会議システムZoomを使っての開催となりました. 毎年700人を超す参加者がある大規模集会を,オンラインで本当にうまく実施できるのか非常に不安があったのですが,蓋を開けてみると驚くほどスムースに会議が進行でき,最も懸念されたインタラクティブ発表も,もちろんデモを実体験できないという制約はあったものの, 説明や質疑はなんの滞りもなく実施することができました.ネットワーク技術の進歩に驚いたと同時に,オンライン開催の決定からわずか1週間ほどでここまでの準備を成し遂げた運営委員の皆さんの努力に心底頭が下がる想いでした.

    そんなわけで,当研究室からも,以下の8件の発表を無事終えることができました.

    • 江波 亮,高島 健太郎,西本 一志:中空型音声コミュニケーション・メディアのデザインのための 声質と対話時間に関する基礎的調査,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,1A-07,pp.203-205, 2020.
    • 板橋 拓也,高島 健太郎,西本 一志:CollaBaton:コワーキング・スペースにおける利用者間交流を促すバトン型コミュニケーション・メディア,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,1B-49,pp.366-370,2020.
    • 植野 涼,高島 健太郎,西本 一志:比喩生成における喩辞先発想の効果,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,1P-83,pp.480-482,2020.
    • 岩渕 悠太,高島 健太郎,西本 一志:BugTutor:誤情報を活用したプログラミング学習システム,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,2B-16,pp.566-569,2020.
    • 山本 航平,高島 健太郎,西本 一志:DigresSignal:タスク遂行中の逸脱行動と同調心理を利用した作業復帰支援,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,2B-23,pp.593-596,2020.(プレミアム採録)
    • 下村 賢人,高島 健太郎,西本 一志:飲酒者の発想を活用する発散的思考技法の提案,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,2P-73,pp.741-745,2020.
    • 福盛 貴浩,高島 健太郎,西本 一志:ネガティブなアイデアの共同生成作業による 否定的価値観の相互理解の試み ~ 婚活パーティを対象として ~,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,2P-75,pp.751-754,2020.
    • 井鳥 利哉,高島 健太郎,西本 一志:RunnerComposter:プラスチックモデル制作過程で生じる 不用物を用いた改造案の創出支援,インタラクション2020論文集,情報処理学会シンポジウムシリーズ,3B-46,pp.957-962,2020.
    • 1日目:
    • JAISTサテライト会場:K-42室

      江波君

      板橋君

      植野君

      座長の小坂先生の勇姿

    • 2日目:
    • 岩渕君は別室からの発表

      山本君

      下村君

      福盛君

      遠隔懇親会.画面は日大の北原研.

    • 3日目:
    • 井鳥君