Research topics

Computational Theory of Knowledge Acquisition

Novel word learning as creative hypothesis generation

Creativity

拡張された情報理論(多変量双方向情報理論 (Hidaka, 2012))に基づく概念モデル形成過程のモデル化

【要約】科学的活動の一つの目的は、観測された現象に対し、それを近似的に再現するより簡潔な表現形 式(理論・モデル)を構築する事である。多くの理論構築は、現象の観察・経験を通じ、直観に沿う仮説を立て る事で始まる。この直観的な理論構築過程は暗黙的であり、この解明が知識獲得・創造を理解するための鍵 である。理論構築過程の一つの定式化として、ある多変量時系列を付与のデータとし、それを生成する潜在 的な概念モデルの推定問題を考える。本研究では、情報理論を一般化した多変量双方向情報理論を用いる事 で、現象に関する事前知識性を必要とせずに、データのみから一般的な潜在的な概念モデルを推定できる事 を示す。

【キーワード】知識獲得,仮説生成,情報理論,非線形力学系,時系列解析

Related papers (See also other publications/ 関連する発表論文 (その他の論文など)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-04 (月) 11:41:49 (2054d)