在学生・修了生の声(DAM HIEU CHIさん)

JAISTは温かい。そして新たな可能性がある。

JAISTのすばらしさはホームページに書き尽くされています。私からは、そこに書かれていないことをお話しします。私は東京で過ごした大学4年間、日本語が未熟だったため、勉学をなにより優先させました。サークル活動などには参加できず、友人を得る機会に恵まれないまま。東京はにぎやかな街ですが、寂しいところでした。大学院進学を前に、恩師から「JAISTはおもしろいよ」と聞き、試しに問い合わせをしてみました。すると、たいへん親身なアドバイスをしていただき、私はJAISTへの入学を決意したのです。

本校には留学生が多く、さまざまな大学から志を持って集ったという共感もあってか、互いに友になろうという空気がありました。修士論文の仕上げの時期には学内に泊り込み、夜中、みなが集まってカップラーメンをすするという合宿気分も楽しみました。

もう一つ、JAISTの良さを付け加えておきます。なんとなく在籍大学の大学院に進み、興味がわかずに学位もとれないという学生がいます。しかし、JAISTでやりたいことが見つけられれば、大学時代とは違う領域も選べる。本当にやる気のある人なら、ここで再スタートができるのです。

Photo: DAM HIEU CHI准教授
DAM HIEU CHI准教授
学位/東京大学理学部物理学科学士(物理学)(1998)
北陸先端科学技術大学院大学修士(材料科学)(2000)
北陸先端科学技術大学院大学博士(材料科学)(2003)
職歴/ハノイ国家大学理学部物理学科講師(2003)
北陸先端科学技術大学院大学科学技術開発戦略センター助手(2004)
北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科講師(2006)
北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科准教授(2011)

関連情報