高専生向けインターンシップ

posted in: 説明会

高専生向けインターンシップ

本学では、高等専門学校の在学生に対し、教育研究及び先端の施設設備に実際に触れて最先端の大学院を体験して頂き、学生の意欲及び知識の向上を目的として、次のとおり募集を行います。

1.募集対象者

高等専門学校の在学生(専攻科生及び本科生(原則 4 年生以上)

2.募集時期及び募集人数

募集時期は随時、本学教員が受入れ可能な人数とします。夏休み期間などを主に想定しています。
(ただし、土曜日、日曜日、祝日、夏季一斉休業期間(8/12~8/14)、創立記念日(10/1)、 年末年始休業期間(12/29~1/3)は実習を行わない。)

3.インターンシップ場所

北陸先端科学技術大学院大学(石川キャンパス)

4.申込方法

希望者は、別紙「特別学修生入学願書」を各高等専門学校の担当窓口に提出してください。その際、希望する教員を必ず第3希望まで記入してください。 本学教員の都合によっては、御希望に添えない場合がありますので、あらかじめ了承願います。

5.申込期限

インターンシップを希望する日の属する月の初日から起算して1か月前まで。 (ただし、9月からのインターンシップを希望する場合は2か月前まで。)

6.決定通知

申込を締め切った翌月下旬に各高等専門学校を通じて郵送で通知します。

7.インターンシップ内容

教員 受入れテーマ 受入人数 受入期間
西本 一志 演奏や作曲などの音楽創作を支援するシステムの研究開発 1名 2週間〜1ヶ月
「知識ゴミ」を再活用する知識創造支援システムの研究開発 1名 2週間〜1ヶ月
妨害的な要素をあえて用いる知的・身体的向上支援システムの研究開発 1名 2週間〜1ヶ月
内平 直志 看護・介護サービスの気づきを収集・活用する音声つぶやきシステムの研究室実験と評価 2名程度 2週間
林 幸雄 復活力を持つネットワーク自己組織化の研究開発 2名程度 1〜2週間
人口分布を考慮した災害対策シミュレータの研究開発 2名程度 1〜2週間
航空路線のLCC化ネットワークに関する試案 2名程度 1〜2週間
永井 由佳里 3Dプリンタを駆使したプロダクトデザイン 2名程度 1〜2週間
創造的な設計思考の内部観測 2名程度 1〜2週間
白肌 邦生 農業と物語:地域自然資源活用をめぐる暗黙的認識の形式化 4名 1週間
サービスマーケティング視点の観光物産の活用 4名 1週間
由井薗 隆也 コラボレーション技術の評価または開発 2名程度 1〜2週間
神田 陽治 身近な事例の国際比較調査を通し、サービスの価値を理解する 2名程度 1〜2週間
宮田 一乘 エンタテイメントシステム、メディアアート 2名程度 2週間〜1ヶ月
伊藤 泰信 研究を研究する:実験系ラボのマネジメント 2名程度 1週間
医療情報を人類学する:医療福祉のエスノグラフィ 2名程度 1週間
行動観察×デザイン:馴質異化の視点を学ぶ 2名程度 1週間
橋本 敬 言語とコミュニケーションの進化の認知実験 2名程度 2週間〜1ヶ月
制度形成の社会シミュレーション 3名程度 2週間〜1ヶ月
地域社会とつながるオープンデータの活用 3名程度 2週間〜1ヶ月

希望する研究室に配属し担当教員が指導します。(許可を得た上で、授業を聴講することもできます。) 在学期間を終えた時は、学修報告書を提出していただきます。

8.単位認定

各高等専門学校において単位認定を行う必要がある場合は、評価書(各高等専門学校所定様式)又は証明書(本学所定様式)を作成します。

9.所要経費

(1) 検定料・入学料・授業料 無料
(2) 交通費・滞在費等 自己負担

10.宿泊施設

本学寄宿舎に空室がある場合は、在学期間中のみ入居可能です。
(※事前の申込が必要、空室がない場合は要相談。)
寄宿料日額(税込)1,080円(利用日数 19 日以下の場合)、布団レンタル代(2,500円程度)は自己負担です。

11.その他

(1) 災害傷害保険及び賠償責任保険に加入している必要があります。
(2) 本学の概要については、本学ホームページ(http://www.jaist.ac.jp/)を参照してください。

お問合せ先

インターンシップに関するお問い合わせ

教育支援課学生募集係

TEL: 0761-51-1965
e-mail: nyugaku@jaist.ac.jp

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena