PCサイトを見る

領域・組織

領域の概要

これまでの知識経営は、いわゆる現場の暗黙知を組織の競争的資源として機能させるべく、いかに知識を共有・活用するかに主たる焦点がありました。しかし次代の社会発展を踏まえた知識経営は、知識の創造・共有を通じていかに変化を起こし、人間のウェルビーイングに貢献できるかが鍵になるでしょう。我々は知識を、ウェルビーイングを実感・追求できる社会構築のための変革的資源として捉え、変革を促す知識および知識創造の在り方とは何か、変革力をつけるためにどう知識経営を刷新する必要があるか、を共通の問いとし、知識経営が有していた知識の創造・移転・管理の分析レンズを「知識による変革」の視点から定義し、理論構築、および変革を通じた実践的問題解決を目指 します。

キーワード

ウェルビーイング、知識創造、組織変革、サステナビリティ、価値デザイン、IoTデザイン、持続可能性、起業家教育、医療現場のエスノグラフィ、ビジネスエスノグラフィ、次世代観光サービス創造

教育研究の方針

デジタル化が牽引する高度技術社会に潜む課題およびそれを超克する経営手法の探究や、医療サービスや地域の持続可能性などの人間のウェルビーイングにかかわる諸課題の改善に貢献するサービスシステムの研究を通じて、次世代の変革志向の知識経営モデルを世界に発信していきます。この過程で、望ましい社会とは何かについて多様なステイクホルダーと共創的に知識創造し、研究課題を設定する能力を育成します。そして自ら設定した課題に対し、科学技術と人間の知識を効果的に融合しながら、価値をデザインできる能力を涵養していきます。そして総合的に、チェンジエージェントとして最先端の技術を経営に生かす構想力を持つ、新しい知識経営人材を育みます。これらはデジタル時代のコンサルタントやシステムエンジニア、地域で活躍する公務員や起業家に必要とされる能力です。

PAGETOP