PCサイトを見る

領域・組織

情報科学系Information Science

情報科学系について

情報科学系は情報科学の教育・研究を担う学系です。情報科学に関する高度な専門的知識を有し、かつ将来のリーダーとして社会に貢献できる人材の育成を目指します。

情報科学は複数の領域にまたがる学問分野です。工学、計算機科学、数学だけでなく、情報の分散や処理を伴う重要な社会的課題を解決するための科学全般を含みます。例えば、情報セキュリティ、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、ロボティクス、分散システム、人工知能、ゲーム、音声処理、画像処理、言語処理、数理論理学、情報理論などが挙げられます。

情報科学系の特長は以下の通りです。

  • 国内の大学で最大級の情報科学の教育・研究拠点です。
    本学は、新しい大学院大学であることから、歴史に引きずられない有利さを生かして、最新の情報科学の研究者を大学や企業から集め、また、諸外国からも最先端の研究者が加わっています。開学後25年を経て、情報科学系の教育・研究の成果は高く評価されています。
  • 充実した組織的な教育を行っています。
    緻密に構成された教育体系とカリキュラムにより、真に実力のある研究者・技術者を養成します。多くの講義で、講義資料のオンライン配布、レポートなどのオンライン提出などが活用されています。また、コンピュータ、マルチメディア機器を活用した高度で分かりやすい講義、ウェブ講義により受講時間や場所の制約を取り払う柔軟で効率的な講義システムを用意しています。
  • 情報科学の教育・研究のため、最高レベルの設備・環境を提供しています。
    情報社会基盤研究センターがサポートする充実した高速ネットワーク、数台のスパコンをはじめとするコンピュータ設備、ソフトウェア環境は国際的に高い水準にあります。
  • 教員と学生の国際的多様性も大きな特長です。
    4割近くの留学生、2割前後の外国人教員に象徴されるように、世界的な視野で教育研究を実施しています。また、当学系の教員と国内や海外の研究者との研究交流は日常的に行われています。毎年のように当学系の教員が中心となって国際的な会議やワークショップを開催しています。

多くの学生が以下の教員の主指導の下、学修と研究に励み、「情報科学」の学位を目指します。研究内容やキャリア志向によって、「知識科学」あるいは「マテリアルサイエンス」の学位の取得も可能です。

情報科学系 教員一覧

PAGETOP