教授
社会知識領域

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena
  • 研究内容 各国の景気循環の動きがどのように関係しあっているかを解明する国際的景気循環論を軸に研究を進めている。近年の世界同時不況の例を見ても、国際的な景気循環のメカニズムを解明することの重要性は明らかである。そのためには各国の金融・財政政策、国際間の貿易や投資の動向等に目を配らなければない。研究の一環として、世界経済に大きな影響を及ぼしている米国、欧州、アジアなどの国・地域に絞った経済構造の分析にも関心をもっている。
  • キーワード 国際的景気循環、アジア・米欧経済
  • 指導方針 原則として副テーマの研究指導を受け付ける。学生は景気動向に関する関心、問題意識を持つことが前提になるのはもちろんだが、併せて、データの処理、さまざまな計量分析の方法を理解し実践することが求められる。