PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

ヒューマンライフデザイン領域の謝助教が公益財団法人船井情報科学振興財団 船井研究奨励賞を受賞

ヒューマンライフデザイン領域謝 浩然助教が公益財団法人船井情報科学振興財団 船井研究奨励賞を受賞しました。

 船井研究奨励賞は、情報科学、情報技術分野を中心に広く理工系分野において、顕著な研究業績のあった若手研究者に褒賞を授与し、わが国の科学技術に関する研究の向上、発展に寄与することを目的とするものです。

■受賞年月日  
 平成31年4月20日

■研究タイトル
 複雑流体影響下における物体のダイナミックス表現に関する研究

■概要
 これまでコンピュータグラフィックス分野において、データ駆動型手法による複雑流体影響下における物体のダイナミックス表現に関する研究を行ってきました。具体的には、従来手法では未解決とされている、実在流体において様々な物体が周囲の流れからの乱流影響を受け複雑な挙動を示す自然現象を、効率よく計算できる手法の実現に成功し、流体に関わる機能的かつ創造的な設計を可能にしました。これまでの研究成果は、流体力学、特に複雑流体に関わる物体のダイナミックス表現の実時間計算の基盤となる解決手法であり、複雑現象のデータ駆動型フレームワークの確立に貢献し、幅広い面での応用ができると考えます。

■受賞にあたっての一言
 大変名誉ある賞を頂きまして、船井情報科学振興財団及び選考委員会の皆様に感謝いたします。ご指導を頂きました宮田教授及び五十嵐教授(東京大学)をはじめ、両研究室のメンバーとスタッフに心より感謝申し上げます。本受賞を励みにして、超スマート社会の実現に向けて今後も一層精進していきたいと思います。

award190424-1.jpg

平成31年4月25日

PAGETOP