PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

セキュリティ・ネットワーク領域の藤﨑教授がPKC Test of Time Awardを受賞

 セキュリティ・ネットワーク領域藤﨑 英一郎教授がPublic Key Cryptography Conference 2019 Test of Time Awardを受賞しました。

 PKCは、国際暗号学会(IACR)主催の主要会議の一つで、特にテーマを公開鍵暗号系のアルゴリズムに絞った国際会議です。PKC Test of Time Award は今年から始まった試みで、同会議で発表され15年程度たった論文からベストな論文を今の視点で選ぶ賞です。今回は1998年から2001年までの4年間のうち3本が選ばれ、そのうちの一本に選ばれました。

[公式情報]
https://iacr.org/meetings/pkc/test_of_time_award/

The PKC (the Public Key Cryptography conference) Test of Time Award recognizes outstanding papers, published in PKC about 15 years ago, making a significant contribution to the theory and practice of public key cryptography, preferably with influence either on foundations or on the practice of the field. The inaugural PKC Test of Time Award was given in PKC 2019 for papers published in the conference's initial years of early 2000s and late 1990s. In the first few years a number of papers from a few different initial years of PKC can be recognized, and later on the award will typically recognize one year at a time with one or two papers.

[参考]
*国際暗号学会 International Association for Cryptologic Research (IACR)
*国際会議 PKC 2019

■受賞年月日
平成31年4月16日

■論文タイトル
How to Enhance the Security of Public-Key Encryption at Minimum Cost

■論文著者
Eiichiro Fujisaki and Tatsuaki Okamoto

■論文概要
This paper presents a simple and generic conversion from a public-key encryption scheme that is indistinguishable against chosen-plaintext attacks into a public-key encryption scheme that is indistinguishable against adaptive chosen-ciphertext attacks in the random oracle model. The scheme obtained by the conversion is as efficient as the original encryption scheme and the security reduction is very tight in the exact security manner.

■PKC 2019 Test of Time Award Committee の寸評
This paper proposes a very powerful and useful trick of transforming IND-CPA encryption scheme to IND-CCA encryption scheme in the Random Oracle model. This trick, together with succeeding Crypto results with the same authors, is called Fujisaki-Okamoto transformation and widely used to enhance security of many other crypto primitives.

■受賞にあたっての一言
 20年前、まだ駆け出しだった頃に発表した論文でこのような賞がとれて大変嬉しく思います。
 本論文は、識別不可能性(IND-CPA)を満たす任意の公開鍵暗号を、選択暗号文攻撃での識別不可能性(IND-CCA)を満たす公開鍵暗号に効率よく変換する方式を提案しています。IND-CCA は公開鍵暗号の事実上もっとも強い安全性クラスであり、かつこの安全性を満たすことが現在の標準化提案では義務化されています。安全性証明はランダムオラクルモデルというハッシュ関数を理想化したモデルでつけられており、ここ20年さまざまな議論がありましたが、少なくとも標準化提案の中では完全に定着しました。
 私たちは、本論文に続く仕事も発表しており、そちらもランダムオラクルモデルで IND-CCA安全な公開鍵暗号への変換方式です。一昨年、NIST(米国標準技術研究所)の公募に対して提案された耐量子計算機暗号のほとんどがこの変換方式かその変形版を用いています。

award20190426-1.jpg
award20190426-2.jpg
award20190426-3.jpg

平成31年4月26日

PAGETOP