PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の瀧本さんがマテリアルライフ学会第30回研究発表会において研究奨励賞を受賞

 学生の瀧本 健さん(博士前期課程2年、物質化学領域谷池研究室)がマテリアルライフ学会第30回研究発表会において研究奨励賞を受賞しました。

 マテリアルライフ学会は、有機、無機、金属からなる素材およびそれらを加工して得られる各種材料と構成物・製品並びにバイオマテリアル、古文化財などの耐久性、寿命予測と制御についての科学および技術の進歩を図ることを目的とした学会です。
 研究奨励賞は、優れた発表を行った発表者に授与され、耐久性、寿命予測と制御についての科学および技術の進歩に資することを目的としています。今回、41件の研究発表があり、そのうち5名の発表者が研究奨励賞を受賞しました。

■受賞年月日
 令和元年7月5日

■研究タイトル等
 マイクロプレートを用いた高分子材料の安定化に関する耐光性評価

■研究者、著者名
 瀧本 健、中山 超、竹内 健悟、谷池 俊明

■研究概要
 高分子材料の長寿命化において、安定化剤を高分子材料中に添加する手法が一般に用いられます。各材料に対する安定化剤の性能を評価するためには、膨大な数の光劣化試験が必要ですが、1回に加速試験を行える検体数が限られており、劣化検出のための分析も逐次的であることが課題でした。そこで本研究では、マイクロプレートを用いた新規ハイスループットプロトコルを考案し、加速試験・劣化検出の並列化によって耐光性評価に関する実験のスループットの向上に成功したことを報告しました。

■受賞にあたっての一言
 このような名誉ある賞をいただくことができ、大変光栄に思います。本研究において熱心なご指導をいただきました谷池准教授、竹内客員研究員、中山超氏をはじめ、多くのご助言をいただきました研究室の皆様にこの場をお借りして心より御礼を申し上げます。

award20190807-2.jpg

令和元年8月7日

PAGETOP