PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

セキュリティ・ネットワーク領域の宮地 充子教授がThe 14th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS2019)において最優秀論文賞を受賞

 セキュリティ・ネットワーク領域宮地 充子教授がThe 14th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS2019)において最優秀論文賞を受賞しました。
 AsiaJCIS2019はセキュリティアプリケーションの技術的及び実用的な研究成果を発表する国際会議です。最新のセキュリティの研究成果が発表され、第14回となる今回は8月1日~2日にかけて神戸大学で行われました。
 宮地教授は論文 "Secure Online-Efficient Interval Test Based on Empty-Set Check" において、オンライン計算とオフライン計算の概念を導入し,オンライン計算において高速な秘匿範囲判定方式に関する研究が評価され、本賞を受賞しました。

■受賞年月日
 令和元年8月2日

■論文タイトル
Secure Online-Efficient Interval Test Based on Empty-Set Check

■論文概要
In the age of information and communications technology (ICT), not only collecting data but also using such data is provided in various services. It is necessary to ensure data privacy in such services while providing efficient computation and communication complexity.
In this paper, we propose the first interval test designed according to the notion of online and offline phases by executing our new empty-set check.
Our protocol is proved to ensure both server and client privacy. Furthermore, neither the computational complexity of a client in the online phase nor the communicational complexity from a server to a client depends on the size of the set. As a result, even in a practical situation in which one server receives requests from numerous clients, the waiting time for a client to obtain the result of an interval test can be minimized.

■受賞にあたっての一言
AsiaJCIS2019にて最優秀論文賞を頂き,大変光栄です。

award20190820-1.jpg

令和元年8月20日

PAGETOP