PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の大谷さんの論文が国際会議AHFE HSSE 2021においてBest Paper AwardのWinnerに選出

 学生の大谷 かがりさん(博士後期課程1年、知識マネジメント領域伊藤研究室)の論文が、国際会議 The 12th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE 2021) and the Affiliated Conferencesの枠組みで開催されたHuman Side of Service Engineering (HSSE) Conferenceにおいて、Best Paper Award Sponsored by ISSIPのWinnerに選ばれました。

 AHFE 2021 and the Affiliated Conferencesは、令和3年7月25日から29日にかけてバーチャル開催されました(米国ニューヨーク時間にて実施)。
 大谷さんは、HSSE ConferenceにおいてBest Paper Awardにノミネートされたファイナリストの中でWinner(1位)に選出されました。

■受賞年月日
 令和3年7月29日

■論文タイトル
"As Normal" Co-created by Visiting Nurses and Patients: Ethnographic Study on Visiting Nurse Station in Japan

■著者
Kagari Otani, Yasunobu Ito

■受賞対象となった研究の内容
This paper aims to illustrate how collaboration between visiting nurses and patients can achieve the living style of patient's choice through co-creation. It displays methods for sustaining the normal life of the patients through detailed case studies of visiting nurses who not only provide nursing care but are proactively engaged in maintaining the "normal" life activities of the patients. Up until now in the research of Japanese visiting nurses, there were virtually no long-term holistic investigation/research spanning several years where ethnography was being used, nor analysis conducted on co-creation between visiting nurses and patients. In that sense, the analyses in this paper are substantial.

■受賞にあたって一言
 Best paperに選出されたことを大変光栄に思います。今回の受賞を励みに、今後も、在宅看護のエスノグラフィ研究を粘り強く続けていきたいと思います。

award20210810-1.jpg

令和3年8月11日

PAGETOP