PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生の浅井さんが第70回高分子討論会において優秀ポスター賞を受賞

 学生の浅井 優作さん(博士後期課程融合科学共同専攻1年、物質化学領域、松見研究室)が第70回高分子討論会において優秀ポスター賞を受賞しました。

 高分子討論会は、高分子科学に携わる研究者・技術者が研究成果の発表を行い、発表内容に関し、参加者と充実した討論およびコミュニケーションができる場を提供することを開催の基本方針としています。
 優秀ポスター賞は、高分子討論会において優れたポスター発表を行った発表者を表彰するため授与されるもので、もって発表を奨励し、高分子科学ならびに同会の発展に資することを目的としています。
 第70回高分子討論会は、9月6日~8日にかけてオンラインで開催されました。

■受賞年月日
 令和3年9月8日

■発表題目
 共役系高分子によるIrO2の電子構造制御と酸素発生反応触媒性能への効果

■研究者、著者
 〇浅井優作、Rajashekar Badam、松見紀佳

■受賞対象となった研究の内容
 電気化学的水分解による水素製造法はシンプルで有望な方法である。しかし、アノードにおける酸素発生反応(OER)は電気化学的水分解の律速段階であり、効率的な触媒が求められる。本研究ではIrO2の電子構造をポリチオフェン系高分子によって制御することで、先行研究と比較して電流密度10 mAcm-2における過電圧を10~70 mV低下させるOER触媒を見出すに至った。

■受賞にあたって一言
 この度は、2021年度第70回高分子討論会におきまして、このような賞をいただけたことを大変光栄に思います。本研究の遂行にあたり、厳格かつ熱心にご指導を頂きました松見紀佳教授、Rajashekar Badam講師にこの場をお借りして心より御礼を申し上げます。さらに、多くのご助言をいただきました研究室の皆様にこの場をお借りして心より御礼を申し上げます。

award20211102-1.jpg
award20211102-2.jpg

令和3年11月4日

PAGETOP