PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生のPHANさんと環境・エネルギー領域の高田助教が第12回スイゼンジノリ・サクラン研究会 年次大会において若手研究者発表賞を受賞

 学生のPHAN, Thang Dinhさん (博士後期課程2年、応用物理学領域、水谷研究室)と環境・エネルギー領域の高田 健司助教が第12回スイゼンジノリ・サクラン研究会 年次大会(エクセレントコア「サスティナブルマテリアル」国際シンポジウム)において若手研究者発表賞を受賞しました。

 スイゼンジノリ・サクラン研究会では、天然の多糖類であるスイゼンジノリとその抽出物サクランに関連した研究、開発、培養生産などのあらゆる側面に焦点を当てて、隔年で年次大会を開催しています。また、本会はエクセレントコア「サスティナブルマテリアル」国際シンポジウムを兼ねており、国外からの研究者の発表、ディスカッションも盛んに行われました。本年は、コロナ禍の影響でオンライン開催でしたが、ディスプレイ越しでも活発な研究ディスカッションが行われました。このうち、若手研究者による口頭発表セッションで特に優れた発表を行った研究者に対し若手研究者発表賞が授与されました。

■受賞年月日
 令和3年11月13日

【PHAN, Thang Dinhさん】
■発表題目
Observation and modeling of second-harmonic generation active sacran aggregates

■研究者、著者
Thang Dinh Phan, Goro Mizutani, Yanrong Li, Kulisara Budpud, Kosuke Okeyoshi, Maiko Okajima, Tatsuo Kaneko

■受賞対象となった研究の内容
The ampholytic mega-molecule polysaccharide sacran is efficiently extracted by the extracellular polymeric of the Aphanothece sacrum. The sacran molecule has an extreme molecular weight (Mw = 1.6 x 107). Sacran shows unique properties such as ultrahigh water-retention capacities, efficient adsorption of tri- and divalent metal ions of large atomic numbers. Sacran molecules have abundant chiral structure units because of their sugar residues. Sacran molecules show their strange optical second-harmonic generation (SHG) and attracted a lot of interest from scientists to find the origin of this nonlinear optical phenomenon. In this study, an original 0.5 wt% sacran aqueous solutions were applied ultrasonication treatment and then fabricated dried cast film at room temperature. The SHG-active sacran aggregates were found and isolated using the second-harmonic generation microscope. The structures of these sacran aggregates were further studied at the microscale using the scanning electron microscope (SEM), then analyzed for chemical elements using energy dispersive X-ray (EDX) technology. Hexagonal morphology was observed frequently with the size of a few to tens of micrometers. The sum-frequency generation (SFG) spectra of SHG-active sacran aggregates pointed out vibrational modes of functional groups such as CH2, CH3, and OH of water molecules. The structure of the SHG-active sacran aggregates was modeled to more elucidate the origin of the SHG signal.

■受賞にあたって一言
It is an honor when I receive this award. I was so surprised and delighted. I would like to share my happiness with my supervisor Goro Mizutani sensei, and thank him so much!

award20211122-1.jpg

【高田 健司助教】
■発表題目
 サクランとコラーゲンからなる細胞接着性コンポジットゲルの作製

■研究者、著者
 高田健司、小室明日翔、Mohammad Asif Ali、Maninder Singh、岡島麻衣子、松村和明、金子達雄

■受賞対象となった研究の内容
 本研究では、サクランとコラーゲンをコンポジット化させることで、細胞接着性に優れた複合ゲルを作製しました。これらの成果は、新たな細胞接着性ゲルとして、バイオマテリアルとしての応用展開が可能でありサクランの汎用性を拡大するものです。

■受賞にあたって一言
 この度は、スイゼンジノリ・サクラン研究会におきまして、このような賞をいただけたことを大変光栄に思います。本研究の遂行にあたり、日頃よりご指導をいただいている金子達雄教授にこの場をお借りして心より御礼を申し上げます。さらに、多くのご助言をいただきました松村和明教授、岡島麻衣子研究員に深く感謝いたします。

award20211122-2.jpg

令和3年11月24日

PAGETOP