PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

セキュリティ・ネットワーク領域の篠田研究室の学生グループが第9回学生スマートフォンアプリコンテストにおいてインプリメンテーション賞及び読売テレビ賞を受賞

 セキュリティ・ネットワーク領域の篠田研究室の学生グループ「ftp_user」が第9回学生スマートフォンアプリコンテストにおいてインプリメンテーション賞及び読売テレビ賞を受賞しました。

 第9回学生スマートフォンアプリコンテストは、スマートフォンやスマートウォッチ、タブレット機器等の普及と、次々と登場する新しいアプリケーションにより、人々の生活が大きく変化し続けている中、その新たな可能性を見いだすことを目的としたものです。
 このコンテストでは、これらのデバイスで動く革新的なアプリケーションを募集し、優秀な作品を表彰することで、未来の情報社会の一翼を担う学生をエンカレッジし、健康管理、医療、料理、農業、防犯・防災、観光など様々な分野でもたらされる新たな世界を示しています。

■受賞年月日
 令和3年11月23日

■参加チーム名、メンバー
<チーム名>ftp_user
<メンバー>
 片岡 拓海さん(博士前期課程2年)
 瀧島 和則さん(博士前期課程2年)
 本間 可楠さん(博士前期課程2年)

■作品名
 みんなで避難

■今回受賞したアプリケーションの概要
 「みんなで避難」は最新の避難経路を共有するスマートフォンアプリケーションです。
 このアプリは水害の特徴を捉え、個人の属性情報を最大限に活かし、さまざまなコンポーネントと連携可能なように設計されています。このアプリを使うことで素早い避難行動が可能になり、より安全な避難行動につながると信じています。

■代表の方から受賞にあたって一言
 この度は、第9回学生スマートフォンアプリコンテストにおいてインプリメンテーション賞・読売テレビ賞を受賞することができ大変光栄に存じます。今回の受賞に甘んじることなくスマートフォンの新たな可能性を活かしたアプリの考案・実装について引き続き取り組んでいきたいと考えております。
 新型コロナウイルスが拡大する厳しい状況の中、このようなコンテストを開催してくださった運営の皆さまに、また、本コンテストへの参加にあたってご理解、ご協力を頂きました篠田研究室関係者の皆さまにこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

award20211223-1.jpg
award20211223-2.jpg

令和3年12月23日

PAGETOP