PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

物質化学領域の都准教授らの論文がAngewandte Chemie International Edition誌の表紙に採択

物質化学領域都 英次郎准教授らの論文がAngewandte Chemie International Edition誌の表紙に採択されました。なお、本研究成果は日本学術振興会科研費[基盤研究A、基盤研究B、国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)]、フランス国立研究機構、グラフェンフラッグシップ、スペイン財務省、バレンシア州自治政府の支援のもと、フランス国立科学研究センターと行われた共同研究によるものです。

info20200625-1.jpg

■掲載誌
Angewandte Chemie International Edition

■著者
Matteo Andrea Lucherelli, Yue Yu, Giacomo Reina, Gonzalo Abellán, Eijiro Miyako*, Alberto Bianco*

■論文タイトル
Rational chemical multifunctionalization of graphene interface enhances targeting cancer therapy

■論文概要
 本研究は、三種類の機能性分子(近赤外蛍光プローブ、抗ガン剤、腫瘍マーカー認識分子)をグラフェン表面上に一度に化学修飾できること、そしてその合理的な分子設計に基づいた効果的なガン分子標的治療技術への応用の可能性を示した。なお、本研究成果は、JAISTホームページからプレスリリースしている。

論文詳細:
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/anie.201916112

表紙詳細:
https://doi.org/10.1002/anie.202007535

プレスリリース:
https://www.jaist.ac.jp/whatsnew/press/2020/04/23-1.html

令和2年6月25日

PAGETOP