PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

物質化学領域の松村研究室の論文が国際学術誌の表紙に採択

 物質化学領域松村研究室の論文が英国王立化学会(RSC)刊行のJournal of Materials Chemistry B誌の 表紙(inside front cover)に採択されました。
 本研究成果はタイ王国チュラロンコン大学との協同教育プログラムによるものです。

■掲載誌
J. Mater. Chem. B, 2020, 8, 7904-7913  掲載日2020年8月13日

■著者
Wichchulada Chimpibul(松村研修了生), Tadashi Nakaji-Hirabayashi, Xida Yuan(松村研博士後期課程2年)and Kazuaki Matsumura*

■論文タイトル
Controlling the degradation of cellulose scaffolds with Malaprade oxidation for tissue engineering

■論文概要
 再生医療では、幹細胞を体外で培養し機能化を行った後に再度移植し疾患を治療する際に細胞培養用の足場材料を使用します。一般的には動物性のコラーゲンや合成高分子などが利用されていますが、安全性や機能性に改善の余地があると言われています。
 本研究では、自然界に豊富にあるセルロースを酸化することで生体内分解性を付与することに成功し、安全かつ高機能な細胞培養足場材料として再生医療分野での利用を提案しています。

表紙詳細:https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2020/tb/d0tb90155e#!divAbstract
論文詳細:https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2020/tb/d0tb01015d#!divAbstract

info20200918-1.jpg

令和2年9月18日

PAGETOP