PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

【学生・教職員の皆様へ】学長メッセージ 新型コロナウイルス感染症対策について/Message from the President(令和3年1月8日更新)

学生・教職員の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症への対応につきまして、日々ご支援・ご協力いただいていることに感謝いたします。
 皆様のご協力により、この年末年始も、本学では新型コロナウイルス感染症罹患者を出すことなく、無事、新年を迎えることができました。
 しかしながら、全国各地で感染症罹患者数が急増し、多数のクラスターが発生している現状を踏まえ、本年1月7日に政府から1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)を対象に緊急事態宣言が発令されました。そのため、同宣言が施行される1月8日以降の本学における対応については、以下のとおりとしますので、学生・教職員の皆様に引き続きの協力を要請いたします。

  •  緊急事態宣言の対象地域となる1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)(以下「緊急事態宣言対象地域」という。)に対しては、不要不急の出張、旅行は行わないこと。学生指導については、できる限り、オンラインの活用を図ること。
  •  上記を踏まえてもなお緊急事態宣言対象地域への出張、旅行を行わざるを得なくなった場合は、必ず、事前に教職員においては危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)に、学生においては指導教員(就職活動(インターンシップを含む。)の場合は、就職支援室(syusyokus@ml.jaist.ac.jp)にも)へ連絡するとともに、当該地域に適用される留意事項を遵守すること。
     加えて、本学に戻った後は、体温の測定などの体調管理に努め、発熱等の体調不良の場合は、直ちに危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)にメールで連絡するとともに無理に登学・出勤をしないこと。
     なお、東京サテライトの閉室期間等に関しては、別途、15日に通知したとおりです。
  •  緊急事態宣言対象地域からの来学者については、今回の緊急事態宣言においてテレワークの推進も対策として挙げられていることから、できる限りオンラインの活用を図り、極力、来学を求めないこと。
  •  政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が提示した感染リスクが高まる「5つの場面」(別添を参照)については、極力避けること。
  •  年始においては、会合(飲食が伴わないものも含む。)やいわゆる飲み会の機会が増加するため、開催の是非、参加の必要性について十分検討すること。
  •  特に、緊急事態宣言対象地域への出張、旅行における飲食を伴う会合については、経路不明の感染原因の多くが飲食によるものと専門家が指摘していることから、厳に控えること。
  •  同宣言対象地域以外であっても、飲食を伴う会合については、少人数(4人以内)、短時間かつ十分な感染防止措置(例:狭隘な空間を避ける、定期的な換気を行う、マスクを着用する等。以下同じ。)を講じた上で行うこと。また、各都道府県が定める新型コロナウイルス感染症対策取組宣言を遵守している旨のステッカー等が掲示されている店舗を利用すること。
  •  緊急事態宣言対象地域以外の県境をまたぐ移動については、特段の制限は行わないが、移動に際しては、当該移動先の感染者の発生状況、クラスターの有無、感染経路が明確か否か等を十分に考慮した上で判断すること(県外からの来学者も同様とする。)。加えて、本学に戻った後は、体温の測定などの体調管理に努め、発熱等の体調不良の場合は、直ちに危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)にメールで連絡するとともに無理に登学・出勤をしないこと。
     なお、学生においては、特に以下の事項に留意すること。
    〇 課外活動を学外で行う場合には、必ず事前に学生・留学生支援課(gakusei@ml.jaist.ac.jp)に申請し、許可を得ること。
  •  日本から出国する場合は、日本人学生は「海外渡航届」、留学生は「一時出国・帰国届」を学生・留学生支援課に必ず事前に提出すること、教職員においては、必ず事前に所属長、危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)に連絡すること。外務省が定める感染症危険レベル3の国においては渡航禁止、レベル2の国においては不要不急の渡航を行わないこと。なお、目的国及び日本への入国時に隔離期間を設けているので、当該期間を十分に配慮した上で日本からの出国を検討すること。加えて、帰国後、教職員の中で業務遂行上やむを得ず空港周辺の宿泊施設での隔離期間を経ることなく直ちに本学に戻る場合においては、本学が指定する場所に待機することになるので、危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)の指示に従うこと。
  •  発熱等の体調不良がある場合は、かかりつけ医又は石川県発熱患者等受診相談センター(電話:0120-540-004)に電話し、相談すること。相談の結果、受診するよう指示があった場合は、公共交通機関(JAIST Shuttleを含む。)を使わずに受診すること。なお、かなやタクシー(電話:076-272-0085)を利用する場合は、電話連絡を行い、「発熱しており、医療機関へ行くためにタクシーを利用したい」旨を伝え、かなやタクシーの了解を得ること。
     また、受診時にPCR検査、抗原検査を実施した場合、学生寄宿舎及び職員宿舎入居者にあっては、クラスター化防止のため、直接自室には戻れず、大学が指定する待機場所に入室することになるので、現金、保険証、着替え・パジャマ、携帯電話(充電器含む。)等の身の回り品を持参すること。受診の結果は、必ず危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)に連絡し、その指示を受けること。
     陽性であった場合は、危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)及び保健所から行動履歴(日時、場所、行動内容、接触者等)が確認されるので、協力すること。また、復路の交通手段の確保が困難な場合は、医療機関又は保健所(電話:0761-22-0793)に相談すること。
  •  政府による緊急事態宣言の追加、石川県からの要請、本学で新型コロナウイルス感染症罹患者が発生した場合は、随時、必要な措置を取るので、その際は、協力をお願いします。

 全国各地において、1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が最多を更新し、緊急事態宣言対象地域においては感染爆発が懸念されるなど、深刻な状況に陥りつつあります。
 石川県においても、近隣の市や大学、能美市内において、すでに新型コロナウイルス感染症罹患の事例が報告されており、決して油断できない状況にあります。
 学生・教職員におかれましては、引き続きウイルスから健康、生命を守るため、気を緩めることなく感染防止等(マスクの着用、手洗いの励行、咳エチケットの徹底、3密の回避)に努めるとともに、十分な体調管理に協力願います。
 ウイルスがより活動しやすい冬を迎え、インフルエンザ、ノロウイルスをはじめとする感染症も併せて流行することが考えられます。また、学生諸君においては、この時期は、今までの研究を取りまとめ、その成果を発表する時期となります。この大切な時期に種々の感染症に罹患することなく、学業を成就されることを強く願います。それ故、全学が一丸となって感染防止に努め、新型コロナウイルス感染症罹患者ゼロが続くよう、引き続き協力を願います。

令和3年1月8日
北陸先端科学技術大学院大学
学長 寺野 稔

----------

To Students, Faculty and Staff members,

I would like to thank you for your support and cooperation in dealing with the COVID-19.
With everyone's cooperation, we were able to safely celebrate the New Year without anyone infected with the COVID-19.
However, based on the current circumstance that the number of people suffering from the COVID-19 are rapidly increasing all over the country and a large number of clusters are occurring, on January 7 this year the government declared a state of emergency subject to Tokyo, Kanagawa, Saitama and Chiba. Therefore, we will take the following measures at JAIST from January 8 when the declaration comes into effect, and kindly request the continued cooperation from students, faculty and staff members.

  • Do not make nonessential business trip or trip to Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba that are subject to the state of emergency. For the student guidance and lecture, make good use of online systems.
  • If it cannot avoid business trip or trip to Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba. For faculty and staff members, be sure to inform the Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) in advance. For students, be sure to inform supervisor and in case of job hunting including internship also inform the Career Support Office (syusyokus@ml.jaist.ac.jp) in advance. Also follow the regulations that apply to the area.
    In addition, after your return, monitor your health and if you are not feeling well such as have a fever, promptly email Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) and refrain from coming to campus.
    The temporary closure of the Tokyo Satellite is as notified separately on January 5.
  • In regard of visitors from Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba, as promotion of telework is also mentioned in the state of emergency, try to make good use of online systems and do not request visit to campus.
  • Avoid the "5 situations" (see attachment) as much as possible that increase the risk of infection presented by the government's Coronavirus Infection Control Subcommittee.
  • More gatherings and drinking parties will be held at the beginning of the year.However, carefully consider whether it is necessary or should be attended
  • In particular, strictly refrain from meetings involving eating and drinking while on business trip or trip in Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba, as experts have pointed out that many cause of unknown infection route cases are through eating and drinking.
  • In case that a gathering is to be hold, even in areas other than Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba make sure the gathering is only with a small number of people (up to 4 people) for a short time and take prevention measures (e.g. regular ventilation, wear mask, avoid tight spaces etc.) and hold the gathering only at restaurants that comply with the declaration of measures against COVID-19 infections set by prefectures and have the sticker stating their declaration of the countermeasures.
    JAIST does not set rules for trip across prefectural borders except to Tokyo, Kanagawa, Saitama, and Chiba. However, check the infection status, COVID-19 cluster status and whether infection routes are clear or not at your destination then consider carefully before you decide (same apply to visitors from outside of prefecture). After your return, monitor your health and if you do not feel well such as have a fever, promptly email Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) and refrain from coming to campus.
    For students, note the following:
     
    Those who are planning extracurricular activities off campus need to be approved by the Student Affairs Department (gakusei@ml.jaist.ac.jp) in advance.

  • In case of departure from Japan, submit a notification to Student Affairs Department in advance. "Notice of Overseas Travel(海外渡航届)" for Japanese students, "Notice of Temporary Leave (coronavirus infection compatible version)" for international students. Faculty and staff members, be sure to inform the head of your department or supervisor and Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) in advance. Travel to countries listed Level 3 on the Ministry of Foreign Affairs' "Travel Advice and Warning on Infectious Diseases" is prohibited, also avoid nonessential travel to Level 2. There will be a quarantine period for entry into your destination country and Japan, so consider about that period before decide to travel. Faculty and staff members who return to JAIST without quarantine period at an accommodation near the airport because of duty related reasons, will be quarantined at the accommodation designated by JAIST, so follow instructions from Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp).
  • When you do not feel well such as have a fever, call your primary care doctor or the Ishikawa Prefecture Consulting Center for the Fever Patients (0120-540-004) for consultation. Those who are instructed to visit a doctor, do not use public transportations (including JAIST Shuttle). When you are using Kanaya Taxi (076-272-0085), call in advance to inform them that you "have to a fever and visiting a doctor".
    In order to prevent COVID-19 cluster on campus, residents of JAIST student housing and staff housing who are tested for PCR/antigen at their doctor's visit will be placed in designated accommodation without returning to their own rooms, so please bring personal belongings such as cash, insurance card, change of clothes/sleeping wear and mobile phone (including charger) etc. Email your doctor's visit result to Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) and follow their instructions.
    If the test result is positive, Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) and Health Center staff will ask you about your movement history (date, time, location, activities and contacts), please give them your cooperation. If you do not have return transportation from doctors, please ask for assistance at the hospital or health center (0761-22-0793).
  • In the case of any addition to the state of emergency, request from Ishikawa Prefecture or outbreak of the COVID-19 infection on campus. We will take necessary measure immediately and ask for your kind cooperation.

There are great concerns for rapid spread of infection, as the number of people infected with the COVID-19 per day has reached the highest level in various parts of Japan. Also in Ishikawa Prefecture, cases of COVID-19 infection have been reported in neighboring cities, universities, and Nomi City, under the current circumstances we have to stay alert.
To our students, faculty and staff members, please continue to take prevention measures against infection (wear mask, wash hands, practice the cough etiquette, and avoid the "three Cs") to protect yourself.
During winter time, there are also concern for influenza and norovirus infections. For students, this is also an important time to summarize your research and present your findings. I strongly hope that you will complete your studies without getting infected. Therefore, I would like to ask all of us to work together to prevent infection and keep yourself and others safe from the COVID-19.

January 8, 2021
TERANO Minoru,
President of Japan Advanced Institute of Science and Technology


別添:(Japanese)感染リスクが高まる「5つの場面」
   (English)5 situations to increase risk of infection
   (Chinese)增加感染风险的「5个场景」

PAGETOP