PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

協生AI×デザインリサーチコア主催「全集中!JAISTモノ作りワークショップ」を開催

 1月24日(日)に石川県政記念しいのき迎賓館(金沢市広坂2-1-1)において、協生AI×デザインリサーチコア主催により、子どもたちにIoT技術を用いたモノづくりを通してデザインやプログラミングの楽しさを体験してもらうイベント「全集中!JAISTモノ作りワークショップ」が開催されました。

 ※協生AI×デザインリサーチコアでは、AIとデザインをバックボーンとして、人の創造的な能力を拡張することを目標とし、情報化社会の発展形態である創造的社会の構築に資する研究を推進しています。

 当日は、小学生とその保護者8組の参加があり、新型コロナウイルス感染症対策を十分講じた環境の中で、モノづくりに集中しました。
 午前の部では、ArduinoにセンサとLEDを付け、簡単なプログラムをすることで、センサの値に応じてLEDを点滅させるおもちゃを、午後の部では、バルーンとポリエチレンフィルムを用いたソフトロボティクスの機構を組み入れることで、空気圧で作動するおもちゃを制作しました。また、制作したおもちゃはお土産として持ち帰りました。

 参加した小学生からは、「とても楽しかった。次はロボットの制作にも挑戦してみたい。」という感想が聞かれました。同イベントの企画や当日の管理運営に携わったリサーチコア拠点長の宮田 一乘教授ヒューマンライフデザイン領域)からも、「今日の経験を将来の夢の選択肢の種にしてもらえればと思います。」とのコメントがありました。

info20210127-1.jpg
色とりどりの生地を前にデザインを考案する様子
info20210127-2.jpg
本学学生の指導を受けながらプログラミングを体験した

令和3年1月27日

PAGETOP