PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

応用物理学領域の麻生助教が中部電気利用基礎研究振興財団の研究助成に採択

 応用物理学領域麻生 浩平助教が公益財団法人 中部電気利用基礎研究振興財団の研究助成に採択されました。

 中部電気利用基礎研究振興財団は電気の利用及びこれに関連する基礎的な技術に関する試験研究等に対する助成を行うことにより、電気の効果的な利用の拡大を図り、我が国経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。

■採択期間
 令和3年4月1日~令和5年3月31日

■研究課題
 リチウムイオン電池の充放電にともなうイオン伝導過程の電子顕微鏡解析

■研究概要
 リチウムイオン電池は、充放電に伴って電池内部でリチウムイオンが移動していきます。しかし、物質中でイオンがどのように移動していくのかは未だによく分かっていません。そこで本研究では、ナノメートル程度の空間スケール、かつ従来よりも短い時間スケールでリチウムイオンのダイナミクスを可視化することを目指します。開発した手法を用いて、リチウムイオンの移動の仕方と、原子の並びの乱れといった結晶状態との関係解明に挑戦します。リチウムイオン電池にはどのような結晶状態が適しているのか、これまでにない実験的な知見を与えられると期待しています。

■採択にあたって一言
 中部電気利用基礎研究振興財団および選考委員の皆様に心から感謝いたします。本研究を進めるにあたり数々のご協力を頂きました研究室の方々、ナノマテリアルテクノロジーセンターの皆様、および共同研究者の皆様方に感謝申し上げます。

令和3年3月26日

PAGETOP