PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

生命機能工学領域の高木研究室の論文がLangmuir誌の表紙に採択

 生命機能工学領域Guo, Jingyuさん(博士後期課程3年)、下川 直史講師高木 昌宏教授らの論文が米国化学会(ACS)刊行のLangmuir誌の表紙に採択されました。

■掲載誌
Langmuir 2021, 37, 32, 9683-9693
掲載日2021721

■著者
Jingyu Guo, Hiroaki Ito, Yuji Higuchi, Klemen Bohinc, Naofumi Shimokawa*, Masahiro Takagi

■論文タイトル
Three-Phase Coexistence in Binary Charged Lipid Membranes in a Hypotonic Solution

■論文概要
 電気的に中性なリン脂質DPPCと負電荷を有したリン脂質DOPSから成る脂質二重膜での相分離現象を低張液中で観察しました。脂質膜が二成分から構成されているにも関わらず、三相に分離する条件があることを見出しました。通常、相分離は脂質疎水基間の相互作用で起こると考えられてきましたが、この三相分離構造はDOPSの電離状態に依存して形成されていることを示しました。また、三相分離構造の安定性を粗視化分子動力学シミュレーションによっても明らかにしました。

論文詳細:https://doi.org/10.1021/acs.langmuir.1c00967
表紙詳細:https://pubs.acs.org/toc/langd5/37/32

info20210830-3.jpg

令和3年8月30日

PAGETOP