PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

物質化学領域の木田助教の研究課題が服部報公会の研究助成に採択

 公益財団法人 服部報公会の研究助成「工学研究奨励援助金」に物質化学領域木田 拓充助教の研究課題が採択されました。

 服部報公会では、工学に関する研究を奨励援助し、もって学術及び科学技術の振興と進歩発展に寄与することを目的とした事業が行われています。工学研究奨励援助金は、工学の発展に寄与する基礎的研究で、単なる調査ではなく理論的あるいは実験的研究を行い、1年間に一応の進展が期待される研究に贈呈されます。

*詳しくは、服部報公会ホームページをご覧ください。

■研究者名
 物質化学領域 木田 拓充助教

■採択期間
 令和310月~令和49

■研究課題名
 構造不均一性の導入による高強度・高延伸性熱可塑性エラストマーの開発

■研究概要
 熱可塑性エラストマーは、結晶化して架橋構造として振る舞うハードセグメントと、柔軟で屈曲性に優れたソフトセグメントで構成された高分子材料であり、各セグメントの長さや分率を調製することで材料の性質を柔軟的なものから剛直的なものまで幅広く制御することが可能です。従来の研究では、熱可塑性エラストマーは精密合成法で合成されることが多く、各セグメントの長さや分率、分布が高度に制御された、均一な構造を有する熱可塑性エラストマーが開発されてきました。本研究では、異なる構造状態を有する熱可塑性エラストマーをブレンドすることで、わざと構造状態に不均一性を導入します。我々の有する世界最先端の構造解析技術と物性評価技術を駆使することで、物性向上のための最適な不均一構造の導入法を突き止め、従来の熱可塑性エラストマーと比べて劇的に物性を改善することを目指します。

令和3830

PAGETOP