PCサイトを見る

ニュース・イベント

プレスリリース

研究室のゼミルームをオープンスペースとして学外に開放

研究室のゼミルームをオープンスペースとして学外に開放
学内外の自由な交流と対話による仕事や活動の発展のために

 7月から、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)が、学内外の自由な人的交流、それによる仕事・活動の革新的・創造的な発展を促進するために、研究室内に誰でも無料で利用できるオープンスペースを開設し、運営をスタートさせます。

 社会のグローバル化は、従来は考えられなかった問題や課題を地域にもたらしています。これからの地域再生や活性化に必要なことは何か。企業や自治体は次の事業・活動展開をどのように指向すればよいか。不確実性に溢れた地域や経営の未来を考えるためには、ひとつの組織の中だけで答えを求めるのでは不十分と言わざるを得ません。そこで、本学・敷田研究室では、一般社団法人・地域振興研究所(白山市)と連携し、地域でイノベーションを試みる自治体や企業・起業関係者のための新たな試みとして、研究者や大学院生、学外のビジターと自由なディスカッションや対話を交わすことから、地域や企業の明日を担うイノベーションやクリエイティブな発想を得るためのオープンスペース「InJAIST(インジャイスト)」を開設します。

■事業主体・実施 北陸先端科学技術大学院大学 知識マネジメント領域 敷田坂村研究室
〇開設日       2019年7月1日(月)
〇利用可能日時    毎週月・火・水・金曜日 9時~17時(最終入室受付:16時)
〇場所        北陸先端科学技術大学院大学 敷田研究室内ゼミルーム (知識科学系研究棟Ⅰ棟7階)
〇収容人数      約20名
〇利用料       無料 学内駐車場利用可(ただし別途利用申請要)
〇利用問い合わせ   ウエブサイトから

■InJAISTオープンスペースの特徴
 InJAISTでは、学内の研究者・大学院生、学外のビジター(自治体や企業関係者などの社会人・学外の学生)が互いに自由なディスカッションや対話ができる交流の場を提供します。また、利用者自身の仕事や勉強のための第二・第三のサテライトオフィスとしての活用、ミーティングやセミナー、展示会、ワークショップの開催場所としての活用もInJAISTの利用目的として想定しています。
 パソコンやスマートフォン・タブレット等の情報端末を持ち込み、Wi-Fi接続にてインターネットを利用できるほか、一部設備の利用、書籍や論文の閲覧など、研究室内の各種リソースを自由に活用することができます。InJAIST利用者は、学内食堂や附属図書館の利用も可能としています。 

令和元年7月1日

PAGETOP