PCサイトを見る

ニュース・イベント

イベント

日本医療研究開発機構(AMED)令和3年度 開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業「現場使用可能な新型コロナウイルス変異株RNA検出システムの開発と開発途上国・新興国での性能評価」キックオフフォーラム

logo_bioseeds.png JAIST

 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)発ベンチャーのBioSeeds(バイオシーズ)株式会社は、この度、表題のAMED事業に採択され、令和3年11月より令和6年3月までの事業がスタートしました。この事業では、同社が開発した唾液から微量の新型コロナウイルスSARS-CoV-2を現場で短時間(30分以内)に大量検査を可能とする高度な等温核酸増幅法(RICCAテスト)を活用し、COVID-19の感染者が多いインドにおいて感染拡大を食い止めるため、インド社会での実装を目指しています。
 事業内容、研究概要を広く紹介し、関心の喚起と協力企業の拡大を目的として、下記のとおりキックオフフォーラムが開催されますので、ご案内いたします。

1 開催日時  令和4年1月19日(水) 13:30~15:40

2 開催場所  北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市旭台1-1)
知識科学系講義棟2階 中講義室

3 概  要  フォーラムは、駐日インド大使のサンジェイ クマール ヴァルマ閣下をはじめとする来賓をお迎えして開催し、JAIST先端科学技術研究科の高村禅教授および金沢大学融合研究域の松島大輔教授による基調講演も行います。
プログラム、申し込み先等の詳細は、別添をご覧ください。
※使用言語は、英語です。

 主催:BioSeeds株式会社
 共催:北陸先端科学技術大学院大学ほか

ev20220114-1.jpg

PAGETOP