PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

【学生・教職員の皆様へ】学長メッセージ 新型コロナウイルス感染症対策について(令和4年2月1日更新)

学生・教職員の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症に対する感染予防にご理解、ご協力いただいていることに御礼申し上げます。
 現在、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者数が急激に増加し、東京都、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、広島県、山口県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県、沖縄県の1都15県にまん延防止等重点措置が発出されている状況となっており、改めて一人一人が油断することなく感染防止に対する意識を強く持つ必要があります。
 石川県においても、オミクロン株による感染のため、感染者数が増加し、学校関係でクラスターが発生するなど予断を許さない状況となっています。
 ついては、今後も新型コロナウイルス感染症に罹らず、健康な毎日が送れるよう、引き続き、マスクの着用、手指消毒、密なる状態の回避など感染防止に関わる基本対策を徹底くださるよう改めてお願いします。

 1月21日以降における本学の取扱いは以下のとおりといたしますが、各自が油断することなく、引き続き、あらゆる場面において感染防止対策を徹底するようお願いします。

  •  各自が「三つの密を避ける」、「人と人との距離を確保する」、「マスクを着用する」、「手の消毒・手洗いなどの手指衛生を心掛ける」等の基本的な感染対策を徹底すること。
  •  学生・教職員が、健康で安全に生活できるよう、原則として大学構内(学生寄宿舎含む)においてはマスクを着用し、特に、人との接触・会話をする際にはその着用を徹底すること。
  •  政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が提示した感染リスクが高まる「5つの場面」(別添を参照)については、十分に留意すること。
  •  出張、県境をまたぐ移動を伴う業務に際しては、オンラインの活用や時期の見直しを検討するとともに、当該移動先において、政府又は地方自治体独自による「緊急事態宣言」、「まん延防止等重点措置」などが発出されている場合には、当該地域への不要不急の出張、旅行は行わないこと。
  •  上記を踏まえてもなお、緊急事態宣⾔対象地域等への出張、旅⾏を⾏わざるを得なくなった場合は、必ず危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)に連絡すること。
  •  その他の感染拡大地域との往来についても慎重に判断をし、用務終了後には、速やかに帰県すること。
  •  県外からの来学者の取扱いも上記と同様とすること。
  •  加えて、本学に戻った後は、体温の測定などの体調管理に努め、発熱等の体調不良の場合は、直ちに危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)にメールで連絡するとともに、無理な登学・出勤はしないこと。
  •  全国各地で飲食を伴う場でのクラスターが発生しています。飲食を伴う会合については、できる限り少人数、短時間かつ十分な感染防止措置(例:狭隘な空間を避ける、定期的な換気を行う、マスクを着用する等)を講じた上で行い、各自が油断せず、感染対策を特に徹底し、新型コロナウイルス感染と拡大を自ら招かないよう極めて慎重な行動をすること。
     なお、外食をする場合は、感染予防対策に取り組んでいる「コロナ対策認証店舗」を選ぶようにすること。
  •  日本から出国する場合(修了後、帰国する場合を除く。)
    〇 コロナ禍における学生の海外渡航については、別途通知したとおり。【概要図】
    〇 コロナ禍における教職員の海外渡航については、別途通知したとおり。
  •  日本へ入国する場合
     日本入国後については、検疫所指定の待機期間も含め、10日間7日間(※1)は空港周辺地域の宿泊施設にて待機すること。ただし、個室管理(バス・トイレ含めて個室管理)ができる自宅(JAIST HOUSEは除く。)がある場合は、当該自宅を検疫所が確保する待機場所を退所した後の待機場所として認めることとする。
     ※1...令和4年1月29日更新
  •  東京サテライトの開室等に関しては、別途通知したとおり。
  •  発熱等の体調不良がある場合は、かかりつけ医又は石川県発熱患者等受診相談センター(電話:0120-540-004)に電話し、相談すること。相談の結果、受診するよう指示があった場合は、公共交通機関(JAIST Shuttleを含む。)を使わずに受診すること。
     なお、かなやタクシー(電話:076-272-0085)を利用する場合は、電話連絡を行い、「発熱しており、医療機関へ行くためにタクシーを利用したい」旨を伝え、かなやタクシーの了解を得ること。
     また、受診時にPCR検査、抗原検査を実施した場合、学生寄宿舎及び職員宿舎入居者にあっては、クラスター化防止のため、直接自室には戻れず、大学が指定する待機場所に入室することになるので、現金、健康保険証、着替え・パジャマ、携帯電話(充電器含む。)等の身の回り品を持参すること。
     受診の結果は、必ず危機管理担当(kikikanri@ml.jaist.ac.jp)に連絡し、その指示を受けること。陽性であった場合は、危機管理担当及び保健所から行動履歴(日時、場所、行動内容、接触者等)を確認されるので、協力すること。
     なお、復路の交通手段の確保が困難な場合は、医療機関又は保健所(電話:0761-22-0793)に相談すること。
  •  今後、政府から石川県に対して緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出された場合あるいは本学で新型コロナウイルス感染症罹患者が発生した場合は、随時、必要な措置を採るので、その際はご協力をお願いします。

 学生諸君の多くは、修了に向けて、これから大事な時期を迎えます。このような時期に、これまでの努力を最大限に活かせるように、インフルエンザなど他の感染症にも罹患することなく、健康に過ごされることを強く願います。
 それ故、各人が引き続き、日々、感染防止に努めてくださるよう、ご協力をお願いします。

令和4年1月21日
北陸先端科学技術大学院大学
学長 寺野 稔

----------

Dear Students, Faculty and Staff members,

Thank you for your continued understanding and cooperation in preventing the spread of COVID-19.
Currently, the number of new cases of COVID-19 is increasing rapidly nationwide, and Priority Measures to Prevent the Spread of Disease have been expanded to 16 prefectures (Tokyo, Gunma, Saitama, Chiba, Kanagawa, Niigata, Gifu, Aichi, Mie, Hiroshima, Yamaguchi, Kagawa, Nagasaki, Kumamoto, Miyazaki, and Okinawa), so we need to remain vigilant and continue to take serious precautions to protect ourselves.
In Ishikawa Prefecture, the number of new cases of COVID-19 is increasing due to the Omicron variants, and school-related clusters have been reported, making the situation unpredictable.
Therefore, I would like to once again ask you to continue to take preventive measures such as wearing masks, disinfecting your hands and avoiding crowded places to stay safe from COVID-19.

The preventive measures for COVID-19 at JAIST are as follows from January 21. Please follow the preventive measures thoroughly and act with caution in all situations.

  • Thoroughly follow infection control measures such as "avoid the three Cs", "keep a safe distance from others", "wear a mask", and "wash hands and use hand sanitizer".
  • Wear a mask on campus (including student housings) to ensure the health and safety of students, faculty and staff members, especially when coming into contact with or talking to others.
  • Caution is advised in "5 situations that increase the risk of infection" (see attachment) issued by the Subcommittee on Novel Coronavirus Disease Control.
  • For business trips or operations that require cross-border travel, consider changing the schedule or online communication, etc. as an option, and do not make unnecessary business trips when the government or local government has issued a "State of Emergency" or "Priority Measures to Prevent the Spread of Diseases" for the destination.
  • If, after taking the above into consideration, you still need to make a business trip or travel to an area under a State of Emergency or Priority Measures to Prevent the Spread of Disease", contact the Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) in advance.
  • Carefully judge whether or not to travel to areas where COVID-19 cases are rapidly increasing, and if you do, return to Ishikawa Prefecture as soon as possible after completing your work.
  • The same apply to visitors from outside of Ishikawa Prefecture.
  • After you return to Ishikawa Prefecture, monitor your health and if you are unwell such as have a fever, email the Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) immediately and do not come to the campus.
  • COVID clusters linked to eating and drinking settings have been reported in many parts of Japan. When holding or attending business lunches or dinners, keep the number of people to a small number and for a short time, and take thorough preventive measures (e.g., avoid restaurants where you cannot keep sufficient distance from others, ventilate regularly, wear a mask). Please be vigilant and act with caution to avoid catching and spreading COVID-19.
    When you are eating out, choose one that has been approved by Ishikawa Prefecture as a "COVID-19 control measure certified restaurant".
  • Departure from Japan (except for return to home country after completion)
    ○ As for the student's overseas travel during COVID-19 pandemic, refer to the separate notice. 【Outline】
    ○ As for the faculty and staff member's overseas travel during COVID-19 pandemic, refer to the separate notice.
  • Entering Japan
    After entering Japan, you must stay at a quarantine facility near the airport for 10 days 7days(※1), including the period specified by the quarantine station. However, if you have a home (excluding JAIST House) where you can stay in a private room (with private bath and toilet), you are allowed to stay at your home as a quarantine site after leaving the quarantine facility.
    ※1...Update: January 29, 2022
  • Regarding the opening etc. of the Tokyo Satellite, refer to the separate notice.
  • If you are unwell such as have a fever, call your primary care doctor or the Ishikawa Consulting Center for Patients with Fever (0120-540-004) for consultation. Those who are instructed to see a doctor, do not use public transportations (including JAIST Shuttle). If you are taking Kanaya Taxi (076-272-0085), call in advance and inform them that you have a fever and visiting a doctor.
    In order to prevent COVID-19 cluster on campus, residents of JAIST student housing and staff housing who are tested for PCR/antigen at their doctor's visit will be placed in designated accommodation without returning to their own rooms, so bring personal belongings such as cash, health insurance card, change of clothes/sleeping wear and mobile phone (including charger) etc.
    Email your doctor's visit result to the Crisis Management (kikikanri@ml.jaist.ac.jp) and follow their instructions. If the test result is positive, the Crisis Management and Health Center staff will ask you about your movement (date, time, location, activities and contacts), please give them your cooperation. If you do not have return transportation from doctors, ask for assistance at the hospital or health center (0761-22-0793).
  • If the government issues a State of Emergency or Priority Measures to Prevent the Spread of Disease in Ishikawa Prefecture, or if there is a new case of COVID-19 on campus, JAIST will take the necessary actions and ask for your cooperation.

For many of you students, this is an important time as you work towards the completion of your studies. In order to stay free of influenza and other infectious diseases and to perform at your best, I ask for your continued cooperation in taking measures to protect yourself and others from infectious diseases.

January 21, 2022
TERANO Minoru,
President of Japan Advanced Institute of Science and Technology


別添:(Japanese)感染リスクが高まる「5つの場面」
   (English)5 situations that increase risk of infection
   (Chinese)增加感染风险的「5个场景」

PAGETOP