PCサイトを見る

国際交流

国際交流会館

JAIST国際セミナーハウスQ&A

  1. ホテルや旅館と同等のサービスがありますか。
  2. 予約はどのように行うことができますか。
  3. 部屋がなくなると困るので、早く予約したいのですが。
  4. 短期使用区分の予約申請をしようと試みましたが、空室が表示されません。
  5. 短期使用区分の予約申請をしましたが、却下されました。なぜですか。
  6. 短期使用区分の予約申請で、複数の部屋を一度に申請できますか。
  7. 短期使用区分と中期使用区分の滞在で違いはありますか。
  8. 苦情対応や問題発生時は管理人が対応してくれますか。
  9. 予約申請やキャンセルを含めた予約変更は宿泊の何日前まで可能ですか。
  10. 使用料はどのようになっていますか。
  11. 誰でも宿泊できますか。
  12. 東京サテライトの学生が利用することはできますか。
  13. 研究員として雇用した者は宿泊できますか。
  14. 本学を受験する学生(受験生)やその保護者は宿泊可能ですか。
  15. 時間外のチェックインはできますか。
  16. 門限はありますか。
  17. 外出時にルームキーを管理人や研究推進課総括・企画係に渡す必要がありますか。
  18. ルームキーを紛失してしまい、部屋に入れません。どうしたらよいですか。
  19. 短期使用区分にアメニティは揃っていますか。
  20. 飲食の提供はありますか。宿泊する室内で飲酒は可能ですか。
  21. 宿泊する室内でタバコの喫煙は可能ですか。
  22. ランドリーはありますか。
  23. 英語対応はありますか。
  24. 連泊中に部屋の清掃やシーツの交換等を依頼することは可能ですか。
  25. 管理人が行うサービスの範囲を教えてください。
  26. 外出時に部屋の施錠は必要ですか。

1. ホテルや旅館と同等のサービスがありますか。

当セミナーハウスはホテルや旅館のようなサービスはほとんどありません。使用区分によっては貸与物品もありますが、基本的にすべてセルフサービスとなっております。宿泊中の清掃もご自身でお願いします。使用者の方には、チェックアウト時に簡単な清掃とゴミの分別をお願いしています。

2. 予約はどのように行うことができますか。

短期使用の場合は学内ウェブサイトから予約フォームを通じて申請が可能です。

中期使用の場合は、学内ウェブサイトから申請書をダウンロードし、内容を入力の上、メールで研究推進課総括・企画係宛にお送りください。申請は本学の教職員から行ってください。使用者本人や本学学生からの申請はお断りしております。

3. 部屋がなくなると困るので、早く予約したいのですが。

公平性を期すため、予約申請はすべて使用開始希望日の3か月前からといたします。短期・中期使用区分ともに、それ以前の申請は受け付けません。

4. 短期使用区分の予約申請をしようと試みましたが、空室が表示されません。

  • 満室の場合は、表示されません。
  • 3か月以上先の申請はできません。(例)11/1から使用したい場合は、8/1から予約申請が可能となります。
  • 使用開始希望日の7日前をすぎると、予約申請できません。予約申請は7日前までに行ってください。
  • 短期使用区分は最大29泊30日まで予約できるものの、一度の申請で6泊7日までしか申請できないようになっています。6泊を超えて予約申請されたい場合は、続けて新規で予約申請を行ってください。その際備考欄に、一度目の申請時に発行された予約番号と連泊する旨を入力してください。
  • 休館日を挟んでいる場合、申請できません。休館日は宿泊不可となります。

5. 短期使用区分の予約申請をしましたが、却下されました。なぜですか。

  • チェックイン日が土日祝日にあたる場合、システム上は予約申請できてしまうのですが、運営上は管理人が不在となるため、チェックインをお断りしております。前営業日または翌営業日にずらしていただけますようお願いします。
  • 宿泊される方が使用対象者に該当しないと判断された場合、使用をお断りすることがございます。また、使用対象者に該当していても、安全保障輸出管理の手続きが必要な方の場合、手続きをしないと使用いただくことができません。

6. 短期使用区分の予約申請で、複数の部屋を一度に申請できますか。

大変お手数ですが、一部屋ずつの申請となります。申請ごとに予約番号が表示されますので、複数名で宿泊される場合は、それぞれの予約番号を管理人に提示してください。

7. 短期使用区分と中期使用区分の滞在で違いはありますか。

短期使用区分は、最大連続する29泊30日まで滞在可能な宿泊施設であり、無料です。休館日、土日祝日、創立記念日を除き、管理人が9時~18時まで常駐しています。シーツやタオルの替えはありますが、交換はセルフサービスとなっており、チェックアウト時に簡単な清掃と使用済みリネンのかたづけをお願いしております。提供する付帯サービスがほとんどない宿泊施設とお考え下さい。

中期使用区分は、1か月以上4か月以内で滞在可能な宿舎であり、有料です。職員宿舎の一部を住居として提供しておりますので、ゴミの分別や騒音問題などについては、能美市及び職員宿舎のルールに従っていただきます。住民からの苦情等に従ってもらえない場合は、即時退去していただく可能性があります。退去時には、清掃や物品の置き去り、紛失がないか確認があります。退去時の部屋にゴミ等が残されていた場合は、申請者に対応を依頼することとなりますので、申請者は使用者がゴミの分別等で困っていないかご注意下さい。

8. 苦情対応や問題発生時は管理人が対応してくれますか。

いいえ、管理人及び研究推進課総括・企画係では対応いたしません。使用者が当セミナーハウス使用中に支援を必要とする場合は、申請をされた方(申請者)へ連絡いたしますので、ご対応いただけますようお願いします。

9. 予約申請やキャンセルを含めた予約変更は宿泊の何日前まで可能ですか。

短期使用区分では、予約申請は7日前まで、キャンセル及び予約の変更は使用開始予定日の全営業日までとなっております。

中期使用区分では、予約申請は2週間前まで、キャンセルは使用開始予定日の前営業日まで、予約変更は、使用開始予定日の5営業日前までとなります。

10. 使用料はどのようになっていますか。

短期使用区分は、無料です。

中期使用区分は、住居として提供することになるため、日額料金がかかります。使用料は、月毎に前納となります。既納金は返還しませんので、ご注意ください。また、中期使用区分では、別途住民会費が発生します。

11. 誰でも宿泊できますか。

JAIST国際セミナーハウス宿泊施設規則第2条のとおりです。

当セミナーハウスが想定する主なゲストは、学内の教職員が招へいした学外の共同研究者や、合同セミナー等で本学を訪れた学生及び引率の教員等となります。本学の教育研究に必要な方を学外から招へいした場合は対象となりえますので、対象となるか判断できない場合は研究推進課総括・企画係へお問い合わせ下さい。

なお、学内の教職員及び学生は原則として対象外となります。

12. 東京サテライトの学生が使用することはできますか。

原則として学外から招へいしたゲストが対象となります。ただし、学外との合同セミナー等を開催した際に、東京サテライトの学生も参加するような場合は、空室に十分な空きがある場合は使用することが可能です。東京サテライトの学生が、単に研究室のゼミに参加するような場合は認められません。

13. 研究員として雇用したものは宿泊できますか。

宿泊できません。

当セミナーハウスは、学内で雇用された者の長期的な住居としての使用は想定しておりません。ただし、その者の雇用期間が1か月以上4か月以内で、雇用期間満了後に雇用延長の予定がなく、中期使用区分にその者が入居しても十分な空きがある場合は、その雇用期間に限り住居として入居が認められる場合があります。優先順位として、学外から招へいした研究協力者等のゲストが優先されますので、研究推進課総括・企画係へご確認下さい。

14. 本学を受験する学生(受験生)やその保護者は宿泊可能ですか。

公平性の観点から、受験生は宿泊不可です。受験生全員を宿泊させることはできないため、例えば教員が自身の研究室に所属させる目的であったとしても、特定の学生のみを優遇することはできません。

なお、保護者については学生の入学の前後を問わず宿泊不可となります。

15. 時間外のチェックインはできますか。

短期使用区分のチェックインは、休館日、土日祝日、創立記念日を除く15時から17時30分までとなります。この時間にどうしてもチェックインできない場合は、予約申請を行った教職員(申請者)にカードキーを渡しますので、前営業日までに管理人までご連絡ください。

チェックアウトは、午前9時から10時までとなります。この時間以外は、清掃等で管理人が不在となる場合があります。その際は、チェックアウト用のポストにカードキーを投函ください。

中期使用区分のチェックインは、休館日、土日祝日、創立記念日を除く9時から12時及び13時から15時となっております。時間外から使用を開始する場合は、使用者の代理として申請者に前営業日のチェックイン時間内に手続きをしていただきますので、事前に研究推進課総括・企画係までご連絡ください。

チェックアウトの受付時間もチェックイン同様です。業務時間外にご出発される場合は、代理で申請者に翌営業日の業務時間内に手続きを行っていただきます。

16. 門限はありますか。

短期使用区分の玄関の自動ドアは18時以降ロックされますが、チェックイン後であればカードキーでロックが解除可能です。

中期使用区分に門限はございません。

17. 外出時に、管理人や研究推進課総括・企画係へルームキーを渡す必要がありますか。

短期・中期使用区分ともに、外出に伴う返却は不要です。ルームキーはチェックアウトまで失くさないように使用者が保管してください。

18. ルームキーを紛失してしまい、部屋に入れません。どうしたらよいですか。

まずは紛失しないよう十分に注意してください。短期使用区分のカードキーはカードホルダーに入れて渡しますので、本学滞在中は可能な限り身に着けておくようお願いします。

紛失時は、管理人室又は研究推進課総括・企画係までご連絡ください。18時以降で連絡がつかない場合は、申請者を介して防災センターにご連絡下さい。ただし、防災センターでは本人確認ができないため、できる限り世話人の教員も付き添いをお願いします。

なお、鍵が見つからない場合、防犯上シリンダーごと交換しますので、実費を使用者に請求させていただきます。

19. 短期使用区分にアメニティは揃っていますか。

短期使用区分で提供するアメニティは、シーツ一式とタオル、バスタオル、バスマットのみです。シャンプーやボディソープ等は、ご持参いただくか学内の売店等でお求め下さい。

また、シーツ類は1泊目のみセットしてありますが、2日目以降のシーツ交換は、セルフサービスとなります。リネンの替えは、玄関ホールの棚または管理人室内に用意してありますので、ご自由にお取替えください。

20. 飲食の提供はありますか。宿泊する室内で飲酒は可能ですか。

飲食の提供はありません。学内の売店や食堂をご利用いただくか、学外の飲食店等をご利用下さい。

室内での飲食は構いません。飲酒を伴う飲食については、大学内の宿泊施設となりますので、法律と常識の範囲内でお願いいたします。ホテルではありませんので、ゴミの分別にもご協力ください。

21. 宿泊する室内でタバコの喫煙は可能ですか。

短期・中期使用区分ともに全面禁煙となっております。また、JAISTの敷地内は全面禁煙となっており、当セミナーハウスは大学敷地内に立地しておりますので、ベランダや建物外でも喫煙できません。どうしても喫煙したい方がいる場合は、学外の宿泊施設に宿泊することをご検討下さい。

22. ランドリーはありますか。

短期使用区分の4人室および中期使用区分の全室に洗濯機が設置されています。短期使用区分の単身室には設置されていませんが、単身室用共用のランドリールームがありますのでご利用ください。洗剤等は設置されておりませんので、ご持参いただくか学内の売店等でお求め下さい。

23. 英語対応はありますか。

短期使用区分の管理人は英語対応不可のため、英語対応が必要な場合は、申請者か日本語対応が可能な方がチェックイン等対応が必要な際に同行してください。

24. 連泊中に部屋の清掃やシーツの交換等を依頼することは可能ですか。

新型コロナ感染予防対策として、連泊中の清掃及びシーツ交換は原則いたしません。ほうきや掃除機等の簡易的な清掃用具は部屋に設置してありますので、清掃を希望される場合は使用者自身でお願いいたします。また、シーツ交換もセルフサービスとなっております。

ただし、畳やベッドに飲み物を溢したような場合は、必要な応急処置のうえ管理人室へ速やかにご連絡下さい。重過失ではない限り弁償は求めません。

25. 管理人が行うサービスの範囲を教えてください。

管理人が宿泊者に提供するサービスは、チェックイン、チェックアウト、設備故障等の対応、館内清掃のみとなります。室内清掃は原則チェックアウト後となります。その他に対応が必要となる場合は申請者またはその受入研究室でご対応をお願いいたします。

26. 外出時に部屋の施錠は必要ですか。

お出かけの際は、必ず施錠してください。

短期使用区分の玄関の自動ドアは、9時から18時までの間解放されています。また、お部屋の鍵はホテルのようなオートロックではありませんので、外出される際は必ず施錠して下さい。

PAGETOP