PCサイトを見る

学生生活

学生生活案内

国民健康保険・国民年金

国民健康保険

国民健康保険は、加入者が日ごろからそれぞれの収入に応じてお金を出し合い、病気やけがをした時の医療費に充てる、相互扶助を目的とした制度です。職場の健康保険等に加入していない人が対象となります。

国民健康保険に加入する場合は、居住する市町村役場で加入手続を行ってください。

「留学」の在留資格で本学に在学する外国人は、国民健康保険に加入しなければなりません。渡日後すぐに居住する市町村役場へ行き、住居地の届出と同時に国民健康保険加入手続を行ってください。
※住居地の届出についてはこちらを参照してください。

国民年金

日本国内に住むすべての人は、20歳になった月から国民年金に加入し、保険料を納付することが法律上義務付けられています。必ず居住する市町村役場で加入手続を行ってください。その際には、年金手帳、印鑑を持参してください。

なお、学生の場合は、前年度の所得に応じて保険料を後払いできる制度(国民年金学生納付特例制度)があります。詳しくはこちらを参照してください。

能美市および本学近隣にある市のホームページはこちらを参照してください。

PAGETOP