PCサイトを見る

大学案内

学長メッセージ

学長メッセージ

学長写真

世界最高水準の教育・研究を通して
「知的にたくましい」人材の養成を目指す

学長 浅野 哲夫

豊かな社会の基盤としての大学院

 真に豊かな社会を実現するためには、高度な学術や科学技術の知識を備えた人材が欠かせません。未曾有のスケールで変化している現代において、新しい問題を発見・解決し、社会の発展のための新しい価値を創造できる人材が求められており、大学院はそうした人材育成に重要な使命を担っています。我が国で最初の先端的な大学院教育・研究に特化した大学として開学し、以来、四半世紀を超えたJAISTは、世界や社会の状況が大きく移り変わる中で、次々と発生する新しい課題と常に向き合ってきました。
 未知の課題に対応するために必要なものは、幅広い基本的な知識を体系的に身に付け、それらを活用して新しい知識を作り出す能力です。大学院レベルの教育では、特定の領域での方法論を別の領域にも活用していくことが重要となります。そのためにJAIST では複数の専門を持てるような教育と研究を奨励すべく、3研究科を統合し、研究科の壁をなくしました。JAIST が目指すのは、こうした能力を身に付けて社会の要求に応えられる卓越した人材を輩出するための世界最高水準の教育と研究を提供する拠点となり、我が国や世界の発展に大きく貢献することです。

世界トップレベルの先端研究

 JAISTは、世界でもトップクラスの教員や研究設備、IT基盤を備え、世界レベルの研究を展開しており、その成果はすでに様々な形で現れています。多くの政府や公募型資金などの高度な研究プロジェクトへの採択と実施は、JAISTの研究分野でのポテンシャルの高さと優れた研究実績を示すものです。教員1人あたりの共同・受託研究費及び共同・受託研究件数においても、国立大学法人の中でトップレベルにランクされています。さらなる研究力アップを目指して、エクセレントコアと呼ぶ高い研究水準を誇る研究の拠点を作り、研究資金を集中投資することにより効果を上げています。

ダイバーシティ環境

 本学には社会人経験者・企業からの派遣研究員・留学生など様々なバックグラウンドを持つ学生達が集まるため、考え方、文化、価値観の違いなどに触れながら成長することができます。外国人留学生率は約40%と高く、多種多様な国々の留学生とのふれあいの中で、自然と国際感覚や語学能力が身に付きます。このダイバーシティ溢れる環境の下で学び、留学するのと同じ効果が得られるのも本学の特徴だと言えます。

知的にたくましい人材の養成

 知的たくましさとは、より幅広い経験と知に対する挑戦力をもっていることを言います。未知の状況への対応能力と異なる知識背景をもつ他者とのコミュニケーション能力も重要です。多少の困難に直面しても決して諦めない強固な意志力も大切です。本学は大学院大学であるためすべて学生が他大学の出身です。日本人の学生は北海道から沖縄まで全国から、留学生は世界32カ国から集まっており、多様な考え方や価値観に触れることができます。JAISTは、このような環境の中で「知的にたくましい」人材を養成します。

「何かを変えること」の重要性

 これは知的たくましさと密接に関係することですが、科学技術の専門家として成長するためには、「何かを変えること」も重要です。例えどの分野を専攻してきたとしても、自発的に何かを変えてみようとすることが非常に大切です。本学には情報科学とマテリアルサイエンスの研究分野、本学独自の知識科学という研究分野があります。学部と違う専門分野で自分を試そうとする学生を歓迎し、そのための導入講義を用意しています。4学期制を導入しているので、短期間のうちに基礎を固めることができます。専攻領域とは異なる領域から副テーマを履修することにより、2つの研究分野を知ることで、物の見方が広くなり、斬新な考え方の創出につながります。一つの分野の枠組みに固執するのではなく、別の分野の問題に対して、今まで蓄積してきた手法を適用することが、真のイノベーションにつながることが多いのです。

産学連携の推進

 世界で最も産学連携が成功しているイギリスでは、オックスフォード大学とケンブリッジ大学を中心として大規模な産学連携が成功しています。これほど産学連携に力を入れていても研究水準は世界トップの位置を維持しています。本学ではニーズ指向の研究も取り入れることで産学連携を活発にするとともに、修士研究の中間発表会の場に企業の研究者を招いて意見を聞くことを通じて、学生の教育にも産学連携を積極的に取り入れることにしています。企業ニーズと大学などの技術シーズをマッチングさせて新製品や新事業を創出するための出会いの場として、マッチングハブと名付けたイベントにも力を入れています。

社会人の再教育

 すでに研究やビジネスの最前線に立つ社会人や、キャリアアップを目指す社会人を対象にした専門教育にも積極的に取り組んでいます。社会人教育の中心となる東京サテライトが、交通至便な品川駅に隣接しています。東京サテライトでは、技術経営(MOT)、サービス経営(MOS)、医療サービスサイエンス(MSS)、先端知識科学、先端情報科学の5つのプログラムを開講し、多くの社会人が学んでいます。今後は、国際的技術分野で活躍できる高度な人材の育成を新たな視野に入れ、更なる充実に取り組んでいきます。

PAGETOP