PCサイトを見る

大学案内

学長メッセージ

学長メッセージ

DSC02385.jpg

学長 寺野 稔

 現在、世界はかつてないような規模とスピードで日々変化しています。このような世界の変化を的確にとらえ、新しい課題に挑戦し解決へと導くためには広い分野の学術や先端科学技術の知識と方法論を身につけ、自主性とチャレンジ精神を持ちグローバルに活躍できる人材が必要とされます。学部を置くことなく、独自のキャンパスと教育研究組織を持つ日本初の国立大学院大学として構想され設立されたJAISTは、世界トップレベルの研究を背景として、正にそのような人材の育成を志向しており、現在の理念にも「豊かな学問的環境の中で世界水準の教育と研究を行い、科学技術創造により次代の世界を拓く指導的人材を育成する」ことを掲げています。

 JAISTでは、研究はもちろん教育においても学生それぞれの自主性を大切にしており、学生は各自の学修計画に基づいて修了に必要な単位を全開講科目から自由に選択して幅広い基礎知識と方法論をオーダーメイド的に修得することができます。

 JAISTでは、2016年4月にそれまでの3研究科を1研究科に統合し、それを機に教員間の連携による新しい研究分野の開拓と異分野融合を進めています。文部科学省からも高く評価され、研究面で本学を代表する研究拠点であるエクセレントコアについても、メンバーに海外の研究者を加えることでグローバルエクセレントコアとして進化・発展させ、より進んだ国際連携体制に基づく世界レベルの研究を推進しています。エクセレントコアに次ぐ研究拠点であるリサーチコアや各研究センターについても、国内外の研究者はもちろん、世界中の大学や公的研究機関、企業などとの幅広い連携を強化し、世界の先端科学技術研究のハブとしての機能の確立を目指しています。

 本学の在学生は40%以上が海外からの留学生であり、世界の多くの国から意欲にあふれた学生が集まっています。外国人教員の割合も日本の大学ではトップクラスであり、博士後期課程を中心に多くの授業が英語で行われています。東京サテライトを中心に社会人学生も多く在学しており、このようなダイバーシティ豊かな環境がチャレンジ精神にあふれたグローバルに活躍できる人材の育成に有効であると考えています。また、産業界の知を研究だけでなく教育にも活かすべく、ベンチャー企業の社長から大企業の研究者まで幅広い層から数十名もの産学官連携客員教授を任命し、修士・博士論文の中間発表会や各種のセミナーなど、学生たちを直接指導していただく機会を設けています。

 JAISTは2020年10月に創設30年の節目を迎え、これからも世界トップクラスの研究大学として最先端の研究をリードしつつ、新しい世界を拓くグローバル人材の育成に全力を挙げて取り組んでいきます。

PAGETOP