PCサイトを見る

教育

教育システムの特徴

特色ある取り組み

p_system.jpg

知的たくましさを涵養するプログラム展開

1.知識科学的イノベーションデザイン教育

以下の3つを体系的・統合的に習得します。

  1. 真のニーズや課題を探求し、新しいアイデアやコンセプトを創造する能力。
  2. 要素技術と全体との相互作用を分析し、要求を実現するシステムをデザインする能力。
  3. 技術・市場・組織・社会の知識をイノベーションに結び付ける知識マネジメント能力。

2.人間力強化プログラム

「人間力」とは、「知的能力」、「社会対人能力」、「自己制御能力」の3要素からなり、本プログラムでは、知識科学の方法論に基づいた人間力強化の教育プログラムを、学術科目や広域科目の中で実施し、キーコンピテンシー(聴く力・考える力・伝える力・挑む力・進める力)を養成します。個々人の学習(方法論の双方向講義)、グループワーク(自律学習)、ダブルループラーニングによる学修を行います。

3.創出力強化プログラム

「創出力」とは、「創造性」、「ものづくり」、「知識基盤社会」の3要素からなり、本プログラムでは、知識科学の方法論に基づいた専門知識を発展させることができる創出力の強化を、階層化された基幹科目や展開科目の履修及び研究指導の中で実施します。
体系的な専門性を重視し、基幹科目、展開科目、先端科目を拡充して、学生が自律的に到達度を高められる教育を実践します。

段階的な履修指導

入学後の最初のクォーターでは、入学前の専門分野と関わりなく研究室に「導入配属」し、語学を中心とする「学術科目」、幅広い教養の涵養やキャリア形成を支援する「広域科目」、入学前の学修歴に応じた「導入科目」を中心に幅広く履修します。その中で、自らのキャリア目標を明確化させ、知識科学、情報科学、マテリアルサイエンスのうち、どの学位の取得を目指すかを選択の上、研究指導を行う研究室に「展開配属」します。
学生自らが指導教員とのコミュニケーションを通じて作成する「学修計画・記録書」に沿って指導を行うため、自らの専門性の螺旋化に資する「基幹科目」、自らの専門性の高度化を図る「展開科目」を体系的に履修できます。また、本人のキャリア目標、学修歴、研究計画等を踏まえ、異なる学位に対応した科目を修了要件に加えることも可能です。

先進的な研究指導

1.複数指導教員制

img_features_02.gif学生1人に対して、主指導教員、副指導教員、副テーマ指導教員又はインターンシップ指導教員の3人が教育・研究の指導に当たります。さらに、研究室教育ポリシー等に沿って学修活動全般にわたる指導・相談に当たります。

2.主テーマ・副テーマ制

専攻分野に関する主テーマ研究(修士論文研究又は修士課題研究、博士研究計画調査、博士論文研究)のほか、副テーマ研究において関連分野の知識等を修得し、幅広い視点から研究を行う能力を身に付けることができます。複数の研究テーマに取り組むことにより、多様な課題に対応する適応力や応用力を高めることができます。また、副テーマ研究に代えてインターンシップを選択することもできます。

3.キャリア目標等に応じた研究指導

本人が求めるキャリア目標や学修歴などに応じ、グループワークによる副テーマ研究の実施、分野の異なる教員や産業界から招へいするURAとの協働、産業界へのインターンシップ、海外への研究留学などを経験し、目指す学位論文の作成を支援します。

修学目的に対応した教育プログラムの提供

学生のキャリア目標の実現を支援するため、修学目的に対応した教育プログラムを提供しています。また、働きながら学びなおす社会人学生を支援し、東京社会人コース(東京サテライト)、長期履修など柔軟な履修を可能としています。

img_features_03.jpg img_features_04.jpg

実効ある4月・10月入学制とクォーター制

全ての入学者選抜で年2回(4・10月)の入学期を設定し、全ての授業科目を対象にクォーター制を導入しています。また、午前は専門教育科目を、午後は個別指導等に充てる「オフィスアワー」や語学等の学術科目、広域科目を配置し、段階的で短期間に効果的な履修を確保しています。

img_features_05.jpg

PAGETOP