menu

学術認証フェデレーション「学認」とは

学術情報フェデレーション(学認)は、国立情報学研究所(NII) が中心となって構築、運用を行っている、参加組織間での認証連携することで、学認参加組織が学認対応の各大学や出版社が提供しているのWebサービス(=サービスプロバイダ(SP))を利用出来る仕組みです。

詳細については、学認のホームページ(https://www.gakunin.jp/)を参照してください。

利用可能/利用開始予定のサービスプロバイダ(情報システム系)

サービスプロバイダ概要提供主体担当部局
研究データ管理基盤 (GakuNin RDM)研究データの保管・管理・共有国立情報学研究所情報社会基盤研究センター
eduroamJP認証連携IDサービス(近日公開予定)Wi-fiアカウント発行国立情報学研究所情報社会基盤研究センター

利用可能なサービスプロバイダ(電子ジャーナル・データベース)

本学構成員が学外からSSL-VPNを使わず学認での認証により利用可能な電子ジャーナルやデータベースのサービスプロバイダです。
※現在は正規学生および常勤教職員のみ利用可能です。

 

電子図書館のページからアクセスしてください。

サービスプロバイダ

ScienceDirect

Scopus

Maruzen eBook Library

EBSCO eBook Collection

Wiley Online Library

Nature

SpringerLink

Taylor & Francis Online

IEL Online(IEEE Xplore)

 

上記のサービスプロバイダに関するお問い合わせは、附属図書館まで。