menu

S/MIME機能(Thunderbird)

S/MIME機能を使うための準備

 Thunderbirdに自分の電子証明書をインポートします。

 1.「Alt」ボタンを押下で表示されるツールバーの「ツール」メニューから、「アカウント設定」をクリックします。
 2.「アカウント設定」ウインドウの左側の自分のアカウント設定の中にある「エンドツーエンド暗号化」をクリックし、右側下に表示される「S/MINE証明書の管理」をクリックします。
 3.「証明書マネージャ」ウインドウが表示され、「あなたの証明書」タブがクリックし、「インポート」をクリックします。
 4.インポートする電子証明書を選択します。保存している場所に移動し、インポートする電子証明書を選択し、「開く」をクリックします。
 5.暗号化して保存されている証明書を開くためのパスワードを入力します。証明書をダウンロードする際に設定したパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
 6.入力したパスワードが正しければ、「証明書と秘密鍵が正常に復元されました。」というメッセージが表示されます。「OK」をクリックして、ウインドウを閉じて下さい。
 7.インポートした証明書を確認します。手順1~3を繰り返し、3で自分の名前の電子証明書があることを確認します。

 

 

デジタル署名をつけてメールを送信する手順

1.「Alt」ボタンを押下で表示されるツールバーの「ツール」メニューから、「アカウント設定」をクリックします。
2.「アカウント設定」ウインドウの左側の自分のアカウント設定の中にある「エンドツーエンド暗号化」をクリックします。
3.画面右側の「デジタル署名のための個人証明書」の「選択」をクリックします。
4.さきほどインポートした電子証明を選択し、「OK」をクリックします。
  ※常にデジタル署名を付けてメール送信したい場合は、「メッセージ送信規定の設定」欄の「規定で暗号化を必須にする」にチェックを入れます。
5.「アカウント設定」ウィンドウを閉じて終了します。

 

  メール作成ウインドウの「セキュリティ」→「このメッセージにデジタル署名」にチェックが入っていればデジタル署名をつけてメール送信されます。