menu

認証要素の利用/登録/削除方法

下記項目を参照し認証要素を登録/削除します。

認証フロー

学内ネットワーク(VPN含む)からのアクセスと学外ネットワークからのアクセスで、認証フローに違いがあります。

右の画像にあるいずれかの認証要素を登録することにより、SSO認証が可能となります。

学外ネットワークからのアクセスする際、FIDO2認証もしくは多要素認証(パスワード+OTP or パスワード+クライアント証明書認証)となります。OTP認証デバイスが登録されていない、または利用するWebブラウザにクライアント証明書の設定(もしくは提示)がされていない場合はパスワードが正しい場合でも認証要素が足りないため、ユーザ認証に失敗します。

認証要素(OTPおよびFIDO2)の登録状況確認

認証要素の登録状況確認

 1. 下記URLにアクセスします。

  https://auth.jaist.ac.jp/sso/

 2. ユーザ名を入力し、「ログイン」をクリックします。

 3. 画面の指示に従ってログイン処理を進めます。(認証フローはこちら

 4. 登録済み認証要素が確認できます。

認証要素(OTPおよびFIDO2)の登録削除

登録確認画面で削除する認証要素の右上の「:」に似た点が3つ縦に並んだ記号を選択し、「削除」をクリックします。
その後、画面右上の▼をクリックし、「ログアウト」します。

 

[注意]
登録済みの認証要素が一つの場合、その認証要素を削除してしまうと学外からのアクセスができなくなります。削除する前に他の認証要素(OTPを削除する場合は電子証明書やFIDO2認証など)が登録されているかご確認ください。

ワンタイムパスワードのリカバリーコード

リカバリーコードについてはこちらを参照ください。