menu

メーリングリストシステム

概要

教育、研究および事務連絡等の利用に限り、メーリングリストシステムを利用することができます。

 このシステムのメーリングリストアドレスは、「xxxxx@ml.jaist.ac.jp」です。
(2020/2/17までに前のシステム上で作成されているメーリングリストシステムのアドレスは、移行期間として2020年12月末(原則)まで「xxxxx@jaist.ac.jp」宛でもメール受信可能ですが、速やかに切り替え(利用者等に周知)を行っていただけますようお願いいたします。)
なお、個人アドレスのドメインについては @jaist.ac.jp のままで変更はありませんのでご注意ください

メーリングリストのメールアドレス変更に係る今後の取り扱いについて

現在は、移行期間として、旧アドレス(ただし、新システム稼働前までに 作成されたMLに限る)宛のメールは新アドレスへ自動転送する形とさせて頂いていますが、今後、以下の対応をお願いします。

1.Webページや配布物・掲示物などに記載されているメーリングリストアドレスの書き換え
2.メール送信元アドレスとしてメーリングリストアドレスを使われている 場合、新アドレスへの設定変更
3.メンバー間での情報交換用メーリングリストのように、相互にメールを 送り合うようなメーリングリストについては、(必要に応じて)加入メンバの方々への周知

移行期間としてのメール自動転送の取り扱いは、原則として2020年12月末までを予定しています。周知等に要する期間などを踏まえ、早めのご対応をお願いします。

 

なお、移行(猶予)期間後についても、

1.対外的や広報的に jaist.ac.jp ドメインでのメール到達性が維持される ことが特に強く求められるもの
  (daihyo(at)jaist.ac.jppresident(at)jaist.ac.jpなど)
2.印刷物等に記載され対外的に配布されているなどの都合から猶予期間の 延長が求められるもの

について、12月初旬頃までに教員からの申請(事務局関係のものについては、総務課総務係にて取りまとめ)にもとづいて延長処置をすることを予定しています。 申請手続きについては、また後日お知らせいたします。

ご利用にあたって

メーリングリストアドレス毎に、
 
管理者(オーナ)
 
メンバ(読者)
 モデレータ* 
の3つのロール(役割)があり、メールアドレスを登録します。

このシステムの主キーは、メールアドレスです。

2020年2月のシステム移行直後は、
 管理者(オーナ):個人の実際のメールアドレス
 メンバ(読者):初期メールアドレス(ユーザ名@jaist.ac.jp)
として登録されています。

そのため、初期メールアドレスとは別にメールアドレスを登録している学生が、システムにログインしてもリストがメンバ(読者)として表示されませんが、メール配送には問題ありません。

* モデレータ:メンバ(読者)にメール配送する前に、内容を確認する権限を持つ利用者(管理者(オーナ)は、デフォルトでモデレータ権限を持ちます。)

 

メーリングリストに配送されないメール

 

  • メーリングリストアドレス宛に送受信可能なメールサイズは15MB(添付ファイル、メール本文等込み)です。
    それ以上の大容量のファイルのやり取りを行いたい場合は、オンラインストレージシステムを使っていただけますようお願いいたします。
  • Fromヘッダ(送信者のメールアドレスの情報)およびMessage-ID(メールの識別情報)が含まれていないメールがメーリングリスト宛てに送信された場合、不正なメールと判断され、配送を行わない(エラーメールの返送もしない)仕様となっていますので、ご注意下さい。
  • 同一のメーリングリスト宛てに既に配送されたMessage-IDと同じメールが送信された場合、ループ防止のため配送されない仕様です。

初期メールアドレス(ユーザ名@jaist.ac.jp)とは別にメールアドレスを登録している利用者の取扱いについて

 

メンバ(読者)として登録する場合

初期メールアドレス(ユーザ名@jaist.ac.jp)、実際のメールアドレスのどちらを登録しても構いません。
ただし、以下のような点にご注意下さい。

 

登録するメールアドレスメリットデメリット
初期メールアドレス(ユーザ名@jaist.ac.jp)・メンバ(読者)として登録後に利用者がメールアドレスを変更しても配送エラーが生じない

・利用者がシステムにログインしてもメンバ(読者)としてリストが表示されない

・リスト宛の送信制限の一部の機能が正常に動作しない
  1.読者のみ。それ以外からのメッセージは破棄
  2.読者のみ
  3.読者限定。読者以外はモデレーション*を受ける

実際のメールアドレス

・利用者がシステムにログインすると、メンバ(読者)としてリストに表示される

・リスト宛の送信制限機能が正常に動作する

・メンバ(読者)として登録後に利用者がメールアドレスを変更した場合、登録されているアドレスを修正する必要がある(利用者からの連絡がないと、配送エラーとなる)

* モデレーション:メンバ(読者)にメール配送する前に、内容を確認した上で配送を行う機能

管理者(オーナ)およびモデレータとして登録する場合

個人の実際のメールアドレスを登録する必要があります。
初期メールアドレス(ユーザ名@jaist.ac.jp)やMLアドレスを登録しても、管理者(オーナ)およびモデレータとしてリストを取り扱うことができません。

ログイン/ログアウト

ログイン

Webブラウザで以下のURLにアクセスします。

ml.jaist.ac.jp

学内ネットワーク(VPN接続含む)からのみアクセス可能、
 JAIST構成員(教職員および学生)がログイン可能です。

 

統合認証システムの認証ページが表示されますので、「ユーザ名」、「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックして下さい。※メールアドレス(xxxxx@jaist.ac.jp)を入力した場合、認証に失敗しますので、ご注意下さい。

また、同一WebブラウザでWebMailやオンラインストレージシステムを利用中の場合は、認証ページは表示されずにそのままシステムのホーム画面が表示されます。

 ホーム画面右上に表示されるメールアドレスが、ログインしたユーザのメールアドレスであることを確認して下さい。

このシステムの利用権限のないユーザがログインした場合、下記のような画面が表示されます。

ログアウト

画面右上のメールアドレス部分を選択し、「ログアウト」ボタンを押します。

ログアウト画面が表示されたら、ブラウザを終了(もしくはタブを閉じる)させて下さい。

主要なメーリングリスト一覧(学内のみ参照可)

FAQ

  1. メンバ宛にメールが届いているかどうか確認したい
    →リストの管理者であれば確認可能です。
     システムにログインし、画面上部のメニューの「関わっているリスト」や「リストを探す」で確認したいリストを選択します。
     リストのホーム画面が表示されたら、左側のメニューの「(エラー率:xx%)」をクリックします。
     配送エラーが発生しているメンバのメールアドレスの情報が確認できます。