menu

VMホスティングサービス

研究,プロジェクト等に便利な仮想マシンを貸し出します.

以下のポータルサイトから申請してください.

ポータルサイト

VMの種類

貸し出せるVMは以下のとおりです.

・汎用VM

・研究用VM(CPU型,GPU型)

貸出申請,削除申請のいずれも受付完了まで申請後2営業日程度の時間がかかります.
十分に余裕をもってお申込みください.

注意事項
・貸し出せるVMのリソースには限りがあります.
全体の貸出リソースが上限を上回った場合は,新規貸出が行えなくなる場合があります.
不要になったVMはポータルから削除を申請し,必要のないリソースを確保しないようにご協力をお願いします.

汎用VM

  • リース期間最大90日
  • リース延長可
  • OS:Ubuntu
  • 仮想CPU数:1~4
  • 仮想メモリ:16~64GB

研究用VM

  • リース期間最大30日
  • 低オーバーコミット
  • OS:Ubuntu
  • 仮想CPU数: 2~32
  • 仮想メモリサイズ: 32~512
  • GPU選択可(GPUなし,H100(4分割)1枚)

注意事項

電源操作

2024.5.15現在, VMの電源操作を利用者の権限で行うことはできません.
(VMにリモートログインし,reboot実行することは可能です)

ポータルにログイン後,電源操作(起動/再起動/停止)を行いたい機器を選択して電源ボタンを押してください.
次営業日中には電源操作を行います.

VM削除

VMの削除は以下の2通りがあります

  • イメージを保存して削除(イメージ残存中はVMの再生成が可能)
  • イメージごと抹消(VM再生成不可)

VMのリース期限が切れた場合は,イメージは3か月保存後に削除されます.
継続してイメージを保存したい場合は,定期的に保存期間を更新してください.

VM再生成

VMのイメージが残っている場合、VMを再生成できます.
IPアドレスは変更になりますので,ご注意ください.