menu

パスワードの変更の際のご注意

お渡ししたパスワード(初期パスワード)は必ず変更して下さい。

パスワードは、学内のすべての計算機上での自分が持つ権限を保護するための重要な手段です。パスワードを他人に知られてしまうことは、計算機上での自分の持つ権限が他人に渡ってしまうことを意味します。

パスワードは少なくとも英大文字+英小文字+数字+記号で10桁以上必要です。

そのうえで

o 覚えられる範囲でなるべく長くする

o 名前など個人情報から推測できないこと

o 英単語などをそのまま使わないこと

o 類推しやすい並び方や、安易な組み合わせにしないこと

とするのが望ましいです。

参考) 

o 内閣官房セキュリティセンター(NISC) 「ネットワークビギナーのための情報セキュリティガイドブック」

www.nisc.go.jp/security-site/files/handbook-all.pdf

WEBブラウザからパスワードを変更する方法

  1. Webブラウザからパスワード変更をするWebページは2つあります。
    学外からの「ユーザ環境設定」でパスワード変更には電子証明書が必要となります.
    「JAISTユーザパスワード変更ページ」でのパスワード変更には電子証明書は必要ありませんが、学内からのアクセス限定です。


    ユーザ環境設定(電子証明書必須・学外からのアクセス可)


    JAISTユーザパスワード変更ページ(電子証明書不要・学外からのアクセス不可)


    なお、「ユーザ環境設定」の利用に必要な電子証明書を未取得の方は以下"電子証明書について"をご確認のうえ,ご利用のブラウザに電子証明書をインストールして下さい.
  2. 以下"ユーザ環境設定"のページに電子証明書インストール済みのブラウザからアクセスし,settingsタブを選択してください.
  3. Login by certificateをクリックし,Change Passwordを選択してください.

 

電子証明書未取得のかた:

電子証明書について

UNIXマシンからpasswdコマンドでパスワードを変更する方法

  1. UNIXマシン(ホスト名:lin01, lin02, もしくはlin03)にログインして下さい。
    PCからはTeraTermやPuttyなどを利用して下さい。
  2. 以下のコマンドを入力します。
    passwd
    表示されるメッセージに従い、パスワードを変更して下さい。