menu

計算の種類と計算機の選択

どのような計算をしたいかによって,最適な計算機が異なります.

XC40: JAIST最大の計算機ですが,複数ノードにわたる大規模計算にはプログラムにMPI等ノード間通信手段を取り入れる必要があります.

LMPCC:各ノードに搭載されたメモリサイズが大きく,シングルプロセスでもメモリサイズを要求されるようなプログラムに最適です.

VPCC: 汎用機として小規模なプログラムを大量に登録し実行させるのに向いています.
GPUノードを搭載しており,AI系ツールの実行も得意としています.

適切な計算機を選択し,計算機ライフをお楽しみください.

 

計算種類計算機
Matlabvpcc, lmpcc
MaterialsStudiovpcc, lmpcc
Gaussianvpcc, lmpcc
C, Fortran, Python(MPI等ノード間通信)XC40, lmpcc
C, Fortran, Python(MPI等ノード間通信不可)vpcc(最大32core, 64GBMem), lmpcc, (最大144Core,12TBMem),XC40(最大36Core, 128GBMem)
GPU利用vpcc
コンテナ利用vpcc, lmpcc