menu

はじめに

このページでは,Windows 7でのJAIST無線LANサービスへの接続方法を説明します.

接続には,電子証明書が必要です.予めご準備をお願いします.

 

1.証明書のインポート

証明書はあらかじめシステムにインポートしておきます。

システムに組み込まれている証明書は、

コントロールパネル > インターネットオプション > コンテンツ > 証明書

から確認する事ができます。

2.ワイヤレスネットワークを追加する

コントロールパネルから、ワイヤレスネットワークの管理画面を開きます。


コントロールパネル > ネットワークとインターネット > ネットワークと共有センター > ワイヤレスネットワークの管理

 

「追加」をクリックしてワイヤレスネットワークを追加します。

3.ネットワークプロファイルを作成する

「ネットワークプロファイルを手動で作成します」を選択します。

4.ネットワークの情報を入力する

追加するワイヤレスネットワークの情報を入力します。ここでの設定は次の通りです。

  • ネットワーク名 : JAIST
  • セキュリティの種類 : WPA2 - エンタープライズ
  • 暗号化の種類 : AES

※eduroam連携を利用しての学外での利用の際は、ネットワーク名等について接続されるネットワークに合わせて変更してください。

5.「JAIST」を追加する

「正常に JAIST を追加しました」の表示が出たら、引き続き、「接続の設定を変更します」をクリックします。

6.ワイヤレスネットワークのプロパティを設定する

「ワイヤレスネットワークのプロパティ」が表示されたら、次のように設定します。

  • セキュリティの種類: WPA2 - エンタープライズ
  • 暗号化の種類: AES
  • ネットワークの認証方式の選択: Microsoftスマートカードまたはその他の証明書

7.ルート証明機関を正しく設定する

さらに「設定」ボタンをクリックし、認証方式の設定画面を開きます。
ここで、下記の,「信頼されたルート証明機関」についてチェックを入れます。
さらに,「この接続で別ユーザ名を使う」にもチェックを入れます。

  • 信頼されたルート証明機関
  • Security Communication RootCA1 (もしあれば)
  • Security Communication RootCA2 (必須)
  • Security Communication EV RootCA1 (もしあれば)
  • 「この接続で別ユーザ名を使う」 にもチェックを入れます。

※これらのルート証明機関が表示されない場合は、設定を一旦中断し、下記ページの手順に従ってルート証明書のインストールを行って下さい。

8.「JAIST」を追加する

これらの設定を完了したら、デスクトップ右下のステータス領域でネットワークアイコンをクリックし、接続できる無線ネットワークの一覧を表示します。  “JAIST” を選択し、接続ボタンをクリックします。
(自動的に接続が始まる場合もあります)

9.証明書を選択する

証明書の選択ダイアログが表示されます。


•    「証明書のユーザ名」の選択タブであらかじめインストールしたユーザ証明書を選択します。
•    「この接続のユーザー名」欄には、“[JAISTアカウント]@jaist.ac.jp” を入力します。


※学生の場合、メールアドレスではなく “sXXXXXX@jaist.ac.jp” 形式です。

10.接続の完了

ここまでが正しく設定されると、無線ネットワークの一覧表示において “JAIST” の欄が「接続」になり、ネットワークが利用できるようになります。