menu

1. 電子メールの誤送信の抑制

(1)宛先メールアドレスは本文確定後に入力する
  
メールアドレスを保護する場合には、まず宛先を「To」から「Bcc」変更後、メールアドレスの入力をする。
事務局では、上司の承認が取れるまで宛先を入力せずに、宛先を一旦別ファイル(Wordファイル等)やメール本文に記載するなど留意する。

(2)電子メール送信前に必ず、宛先や内容、添付ファイル有無の再確認をする

 各メールソフトには、誤送信を防止する設定や追加機能がありますので、 その使用を推奨します。
設定等の詳細については、下記のページを参照ください。