menu

Cisco Webex Meeting

PCやスマートデバイスから利用可能なWeb会議システムです.
他のテレビ会議システム(Polycom, Sony PCS等)からも接続が可能です.

本学の構成員は誰でも会議室を作成できます.
本学の構成員でない人を会議に招待することもできます.

 

詳細・利用方法は遠隔教育研究イノベーションセンターのWebexについてのページをご覧ください。

利用の流れ

画面イメージはこちらを参照してください。

開催者

  1. Webex Meetingsにサインインします
    →サインインはこちらから行えます
  2. スケジュール会議の作成
  3. 会議の開始

参加者

開催者からメール等で会議室の情報(URLなど)を連絡してもらい,下記のいずれかで参加します.
※ 開催者が会議を開始していない場合,会議室に入れません.

  • PC/スマートデバイスで会議室に参加
    • Webブラウザで会議室URLへアクセスする,または
    • デスクトップアプリ等で会議室の情報を入力する
  • テレビ会議システムで会議室に参加

稼働状況

Webexサービスの稼働状況は以下リンクからご確認ください.

Webex-Status

FAQ(WebEX)

/
"Single Sign On failed." というエラーがでます

[エラー画面の例]

Webex のサインイン画面には「メールアドレス」を、その後表示される本学の統合認証画面では「ユーザID」と「パスワード」を入力します。メールアドレスを変更した場合、Webexへの反映には数時間かかり、その間、新旧いずれのメールアドレスでもサインインできない場合があります。

メールアドレスを変更していないにも関わらず「Single Sign On failed.」が表示される場合は、入力したメールアドレスが正しいかご確認ください。(正しくないメールアドレスでも、「@jaist.ac.jp」の場合には本学の統合認証画面に遷移します。)

Webexに接続できないのですが(ログイン画面がでない、ミーティングが開始できない等)

あなたの端末側のインターネット接続に問題がない場合にはWebex側のシステム障害の可能性もあります。Webexのサービス状況は下記のページの「Webex Meetings」の欄で確認できます。
status.webex.com/service/status

スケジュールをしたミーティングを開催すると「音声へ接続」ボタンがグレーアウトしている
スケジュールをしたミーティングを開催すると「音声へ接続」ボタンがグレーアウトしている

 スケジュールしたミーティングを開催すると「音声へ接続」ボタンがグレーアウトしているため、参加者と音声のやり取りができない事例が発生しています。(上の画像を参照)
この現象が発生してしまった場合は、以下の方法で「音声へ接続」ボタンが回復します。

 1. いったん全ての参会者の方は、該当の会議から退室してください
 2. ミーティングをスケジュールした主催者の方は、jaist.webex.comのページで該当のミーティングの以下の設定を確認してください

 詳細オプション - 音声接続オプション - 音声接続タイプ

 

 

スケジュールをしたミーティングを開催すると「音声へ接続」ボタンがグレーアウトしている

 

 3. 音声接続タイプが「なし」になっているかと思いますので、「VoIPのみ使用」に修正して、保存してください
 4. 再度、ミーティングを開催し、「音声へ接続」ボタンが選択できることを確認してください

※テレビ会議システム(Roomkitなど)で「会議が見つかりませんでした」と表示される場合も同様に音声接続タイプを「VoIPのみ使用」に変更して対処してください

参考情報