menu

はじめに

Webブラウザ等にインストールされた電子証明書は、エクスポートすることによって他のアプリケーションや他のPCにインポートして使用できるようになります。
各Webブラウザ、OSが参照する電子証明書の保管先は次のようになっていますので、必要に応じてエクスポート、インポート作業を行ってください。

OS種別アプリ等インポートされた証明書の保管場所 (各アプリの参照先)
Windows




Windows OS (無線LAN(JAIST, eduroam)の設定等で使用)Windows証明書ストア (Windowsのコントロールパネル → インターネットオプション → コンテンツ → 証明書)



Microsoft Edge
Google Chrome
Internet Explorer
FirefoxFirefox内で管 (オプション → プライバシーとセキュリティ → 証明書を表示)
macOS



macOS (無線LAN(JAIST, eduroam)の設定等で使用)キーチェーンアクセス.app (アプリケーションフォルダ → ユーティリティ → キーチェーンアクセス.appを起動)


Safari
Google Chrome
FirefoxFirefox内で管理 (設定 → プライバシーとセキュリティ → 証明書を表示)

 

 

Firefoxでの証明書エクスポート手順

メニューの "ツール”、またはメニューアイコンから "オプション" を開く。

(Mac OS Xの場合、メニューの"Firefox"→"環境設定"を開く。)

"プライバシーとセキュリティ"を選択し、下の方に画面スクロールし、"証明書"の"証明書を表示"をクリックする。

"あなたたの証明書" タブを選択してクライアント証明書の一覧を表示させる。
エクスポートしたい証明書を選択し、”バックアップ” をクリックする。

保存先とファイル名を決め、"ファイル名" の欄にファイル名を入力する。

保存されるファイル(エクスポートされるファイル)を保護する為のパスワードを入力し、"OK" をクリックする。
"パスワードの品質レベル" を参考に、破られにくいパスワードを設定すること。
また、このパスワードは証明書のインポート時に必要となるので忘れないこと。

エクスポートに成功するとその旨が表示されるので、"OK" をクリックする。

指定した場所に指定したファイル名(例では、ドキュメントフォルダのsentan.p12)が作成される。

エクスポートされたファイルは他人に渡ることのないように管理すること。

 

 

 

 

Windows版の Edge Chromium、Google Chrome、Internet Explorer での証明書エクスポート手順

Windows OSの検索ボックスで、"インターネットオプション" と検索し、インターネットオプションを開く。

又は、Windows OSのコントロールパネル (→ ネットワークとインターネット) の順に進み、インターネットオプションを開いてもよい。

 

"コンテンツ" タブを選択し、"証明書" をクリックする。

"個人" タブを開いてエクスポートする証明書を選択し、"エクスポート" をクリックする。

証明書のエクスポート ウィザードが開始されるので、"次へ" を クリックする。

"はい、秘密キーをエクスポートします"
を選択し、"次へ" をクリックする。

"Personal Information Exchange - PKCS #12 (.PFX)"
  "証明書のパスにある証明書を可能であればすべて含む
 ”すべての拡張プロパティをエクスポートする"
を選択し、"次へ" をクリックする。

保存されるファイル(エクスポートされるファイル)を保護する為、新規にパスワードを入力し、"次へ" をクリックする。
パスワードは、破られにくいものを設定すること。
また、このパスワードは証明書のインポート時に必要となるので忘れないこと。

"ファイル名" の欄に保存するファイル名を入力する。
デフォルトでは、保存場所はデスクトップとなる。保存先を忘れないよう注意すること。

エクスポートウィザードの完了画面現れたら "完了" をクリックする。

指定した場所にエクスポートしたファイル作成されれば完了。

各種アプリへの証明書のインポート手順