menu

Wi-Fi接続のための電子証明書の置き換え方法

新しい電子証明書の取得方法

※学内LANを利用、もしくはワンタイムパスワードでSSL-VPNできることを予めご確認ください。
※時間に余裕がある時に行ってください。失効/発行処理に数時間から数日かかるケースが確認されています。

 1.旧証明書を失効する

J-UPKIシステム(https://pki.jaist.ac.jp/, SSL-VPN接続又は学内LANが必要)にアクセスし、[失効]をクリックしてください。
失効処理には数十分程度かかる場合があります。

2.新証明書を発行する

失効完了後、再度J-UPKIシステムにアクセスし、[発行]をクリックしてください。
数分後、J-UPKIシステム上で[証明書をダウンロード]が表示されるので、これをクリックしてUPKIのWebサイトにアクセスします。
J-UPKIのWebサイトで[発行]を一度だけクリックしてp12ファイルをダウンロードします。
※[発行]をクリック後、時間がかかる場合がありますが、何もせずそのままお待ちください。

Windows 10

STEP.1 電子証明書を削除する

①インターネットオプションを開く。
(左下の検索欄で「インターネット」と検索すると見つけやすい)

②「コンテンツ」のタブを開き、「証明書」をクリックする。

③「個人」のタブの、発行元の最後が”...@jaist.ac.jp”の証明書を選択し、「削除」をクリックする。

 

STEP.2 Wi-Fiの設定を削除する

①左下のスタートメニューから設定(歯車マーク)を開き、「ネットワークとインターネット」をクリックする。

②左のリストから「Wi-Fi」を選択し、「既知のネットワークを管理」をクリックする。

③「JAIST」もしくは「eduroam」を選択し、「削除」をクリックする。

 

STEP.3 新しい電子証明書をインポートし、Wi-Fiを設定する

Windowsへの電子証明書をインポート方法は、こちらのNIIのページをご覧ください。インポート後、こちらのページを参考にWi-Fiを設定してください。

macOS

STEP.1 電子証明書を削除する

[キーチェーンアクセス]を開き、[自分の証明書]タブ内にある電子証明書をcontrolを押しながらクリックし、削除してください。

 

STEP.2 Wi-Fiの設定を削除する

[システム環境設定]->[ネットワーク]->[Wi-Fi]で[詳細]

から使ったことのあるネットワーク一覧を表示し、"JAIST"をクリック後[-(マイナス)]をクリックして削除してください。

 

STEP.3 新しい電子証明書をインポートし、Wi-Fiを設定する

こちらのNIIのページを参考に、macOSに電子証明書をインストールします。

その後、こちらのページを参考に、Wi-Fiを設定してください。

 

 

Android

STEP.1 電子証明書を削除する

[設定]->[セキュリティ]->[暗号化と認証情報]->[ユーザ認証情報]

からインストール済みの電子証明書をクリックし、削除してください。

※[セキュリティ]をタップした次の画面で[ユーザ認証情報]が表示される場合もあります。

※上の操作で見つからない場合は、[設定の検索]から「認証」「証明書」などの単語を検索してください。

 

STEP.2 Wi-Fiの設定を削除する

[設定]->[ネットワークとインターネット]->[Wi-Fi]->[保存済みネットワーク]

から"JAIST"を探してタップし、"削除"をタップしてください。

 

STEP.3 新しい電子証明書をインポートし、Wi-Fiを設定する

※オンラインストレージやメールなどで新しく発行した電子証明書をAndroid端末に送ってください。

こちらのページを参考にWI-Fiを設定してください。

 

 

iOS

STEP.1 電子証明書を削除する

[設定]->[一般]->[プロファイル]( または [VPNとデバイス管理])

からインストール済みの電子証明書を削除してください。

 

STEP.2 Wi-Fiの設定を削除する

[設定]->[Wi-Fi]

から"JAIST"を探し、右の(i)(iを丸で囲んだアイコン)をタップし、[このネットワーク設定を削除]をタップしてください。

 

STEP.3 新しい電子証明書をインポートし、Wi-Fiを設定する

こちらのページを参考に、Wi-Fiを設定してください。