「我らのブントは菩薩と呼ばれる」または霊的ボルシェヴィズム

ときどきふと、あの人はどうなったのかなと思い出すことがある。常弘成(とわひろなり)氏とは新秩序研究会主催のイベントで会った。会ったのはその一度きりだが、不思議な魅力を放つ人物だった。日本新秩序運動の経緯については、桂 桂『戦争機械』に書かれている。これを読んで懐かしく感じた。武田洋一氏と常氏が主軸となって、そこに武邑氏が加わるという妙なアンサンブルだった。われわれを彼らと引き合わせたのは、その当時 Fool’s Mate で編集の仕事をしていた知人だったと思う。申し訳ないことに彼の名前を忘れた。たぶん1983年の出来事で我々は大学生だったし、彼も20代半ばだったはずだ。

http://www.asyura2.com/sora/bd12/msg/67.html に、

「常は七〇年代には黒色戦線系のアナキストだったが、八〇年に鈴木邦男率いる新右翼、一水会に加盟。当時、その名ばかりが喧伝された国家社会主義者同盟(ファシスト・ブント)の牛嶋大輝との交流を経て、八三年、「霊的ボルシェヴィズム」をキーコンセプトに、このころよりファーストネームを“崇元”と改めた武田とともに新秩序研究会(日本新秩序運動)を発足させている。そのあたりの事情については、翌八四年、ブリュッセルのインディペンデント・レーベル「クレブスキュール」所属アーティストの来日を記念して出された大型パンフ『MUSIQUE EPAVE』での武田へのインタヴュー「エソテリック・シティ東京」がよく伝えている。その頭の部分を少し引いておこう。」

とあるが、大型パンフ『MUSIQUE EPAVE』を作成したのが彼だと思う。なぜ Fool’s Mate と八幡書房がくっつくのか解せなかったが、彼の個人的な活動だったと理解する。Fool’s Mate は関係ない。

武田氏は業界の顔だったし、武邑氏は徐々に売れ出していた頃だったから、我々は彼らに興味があってイベントに参加した。そのイベントは新秩序研究会の決起集会になるはずだったらしいのだが、会場に来たのは我々だけ、という寂しい状況で、Fool’s Mate の彼が動員力のなさを武田氏に怒られていた。彼らが話したことはよく覚えていないが、

「わたしが、昨年、日本民族主義運動の最良の部分とともに、出口王仁三郎の未完の世界革命を継承するものとして日本新秩序運動(JAPAN NEW ORDER=NO!)を組織した」

と武田氏が言ったようだから、大本教の思想を再興するものだったようだ。一方で「ボルシェビキ」といった革命用語も使うので、ロシア革命がなぜ右翼と共闘するのか訳が分からなかったが、一緒に鼎談を聞いていた共同通信社のSさんが「これは俺がやりたかったことなんだ!先を越された」とわめいていて困惑した。確か、ポスターに「我らのブントは菩薩と呼ばれる」と大書されていて、この意味はいまだにわからない。

菩薩の像が大勢並んだ光景が背景になっていた(新秩序研のポスター)。写真は無関係

菩薩の像が大勢並んだ光景が背景になっていた(新秩序研のポスター)。写真は無関係

全体、よくわからない集会だったが、常氏が不思議な魅力を湛えており、我々の注意を惹いた。ほかの二人はともかくとして常氏だけはまともだね、というのが我々の一致した意見だった。若者の勝手な思い込みと思って聞き流していただきたい。黒色戦線系のアナキストがなぜ大本教と共鳴するのかわからなかったが、リーダーに相応しい人物と感じた。とはいえ結局、我々は新秩序研とは結託しなかった。「オカルト業界の懲りない駄々っ子たち」によれば、武田氏とは1984年にお金のトラブルで手を切ったらしい。世評は知らないが、武田氏も力のある人物だし、武邑氏の優秀さはその後の活躍が物語っている。この三人が活動を続けていたら面白いことになっただろうに(残念)という気持ちが最近、生じた。

こんなことを思い出すのは、内田樹氏が最近、天皇制について発言するからである。(「天皇制についてのインタビュー (内田樹の研究室)」)。内田氏の言わんとすることはよく理解できるが、最後のところでしっくり来ない。その原因を考えていて、アナーキストの方に親近感があるからではないかと思うようになった。アナーキストの原型は私にとって常弘成氏である。「我らのブントは菩薩と呼ばれる」のスローガンも自分に少し近づいた。内田氏は天皇制を支持するが、私は大本教の方を支持する。アナーキストだから。私に影響を与えた人達はアナーキストか神父だった。カトリックにもアナーキストはいる。南米あたりに。結局、そのあたりの考え方に共感するものらしい。ということに最近気づいた。

ところで、アナーキストは「左翼」と違う。そこの違いが本当にはよくわからないのだが。新秩序研と関わったせいで、我々のサークル(W大で学生だった頃)は右翼系列と見なされたらしく、革マル派の人が我々が校内に貼ったメンバー募集のポスターを片っ端から破いたり、捨てたりした。浅羽さんが率いていた幻想文学会も同様の目に遭ったみたいだから、見境がない。言論封殺をする、ろくでもない奴らというのが革マル派に対する私の見解である。思想は関係ない。その系統の左翼団体は皆嫌いである。明言しておきたい。それから、アナーキストはそこに含まれない。

Visionを持つ

「さて弱音を吐いてみるかな。。。『もうダメだ』」というギャグを思い出したですが出典がわかりません。今年4月から職場においてマネジャーの役割を与えられまして、もともと器用ではないのであっという間に課題が積み上がり、それらを処理することに没頭するあまり、病院の予約は飛ばす(二ヶ月後に気づいて再予約)、歯医者の予約を忘れる、痛風の発作で三ヶ月苦しむなどなど、ろくな目に遭いませんでした。存在を忘れる課題が多いのでToDoリストを作ったところ8月末時点でA4用紙4枚になり、160くらいタスクがあったら忘れるものがあっても仕方ないと自分を慰めたものの、その後それらを更新する暇もなく、ようやく10月末に160ほど溜まっていた未処理のメールを片付けたところ、ToDoリストも6枚になり、240のタスクがあったとして、一つに5分かけるとした場合、すべてを終わらせるのに何分かかるのか、考えたくもありません。私の返事を待っている人達は大勢いて、皆5分で返答できるはずなのになぜ返事がないのか不満に思っているだろうなと思うと気が重いです。ある程度タスクの数が多いとリストを見る気がなくなり、余計に仕事が溜まるのですが、1週間分の予定をみればその日やるべきことは無理矢理でも頭に入ってくることに今日気づきました。降りてくる課題で仕事の流れが乱されるのは、長考してもきちんとした解決策がみえてこないものが多いからなのですが、上部の方で方針が決まっていないからでは。老練な重鎮に何気なく相談したところ、腑に落ちる助言を頂きましてそんな風に感じました。来年4月から金沢大学との共同コースが始まりますが、最初の卒業生が出る二年後に吸収されるかもねと言われ(敢えて主語と目的語を省略します)、百戦錬磨の戦士はものの見方が違うと感銘を受けました。先行きが不透明なのはそのせいなのかと納得しました。確かに記録をみると北陸地区国立大学連合というコンセプトが打ち出されており、冷静に読めば富山大学、富山医科薬科大学、高岡短期大学、金沢大学、北陸先端科学技術大学院大学、福井大学、福井医科大学が統合されることが明記されています。遠い未来の話と思っていましたが、その一部は二年後に現実になるとの予言に目が覚めました。そういうことなら真剣に考えるのは(目的語は敢えて省略します)時間の無駄だとわかり、気が楽になりました。240ほどタスクはありますが、その半分は1分もかけずに処理できそうです。ようやく周りの人達の仕事ぶりの背景がわかりました。我ながら純朴だな、、と(自分に)呆れました。

重心の動かし方

Halfbikeが届いて2週間ほど過ぎた。新しい乗り物は面白く、土日は晴れていれば昼間、週日は夜寝る前、30分くらい近所を走っている。慣れるまで時間がかかるものと覚悟していたが、組み立てた翌日、家の前の道路を走ったとき、何の問題もなく直進できたので拍子抜けした。まだ二度目だったのだが。いつのまにかバランスをとることを覚えたらしい。右折・左折はたどたどしかったが、これも三日目くらいには曲がれるようになった。さらに遠乗りして(といっても5kmくらいだけど)、一般道では車を避けて歩道を走ってみたのだが、多少の段差や悪路にも対処できた。ただ、車両出入口になっていて傾斜がきついところではさすがに直進できず、地面の傾きに影響されて車体を流されてしまう(車道側に突き進んでしまう)。自転車だと傾斜があるからといってずり落ちたりはしないのだが、Halfbikeは後輪が2つあるので傾斜に合わせて車体が傾くと理解した。

課題は U-turn である。自転車のように前輪の向きをハンドルで変えられないので、重心移動だけで車体をコントロールしなければならない。いろいろなやり方を実験し、なんとか道幅が5メートルくらいあればターンできるところまで持ち込んだ。もっと狭い幅、たとえば2メートルくらいの幅でU-turnしたいのだが思うようにいかない。その原因は後輪にあるようだ。似たような乗り物の動画を調べて、一番近いのはスケートボードだと考えた。ハンドルでカーブが切れないところが似ている。どちらも重心移動で曲がる場合、車輪の動きに制約を受け、弧を描くようにしか回れない。Halfbike に乗っている動画をいくつかみて、車輪の制約から自由になるにはジャンプするのがよいのではと考えるようになった。一旦、地面から離れ、空中で回転して向きを変え、着地する。スケートボードではよくやっている技だが、これをHalfbikeでやればいいだろうと考えた。ひとりだけHalfbikeでジャンプ+回転に挑戦している人を見つけた(動画では4分40秒くらいのところで見られる)。成功している人はいないようだ。

Halfbike でジャンプしながら180度回転する

Halfbike でジャンプしながら180度回転する

とりあえず目標は宙での回転としたが、いきなりそんな技は繰り出せないので、重心のコントロールの仕方を冷静に検討してみた。ターンの仕方を観察すると、慣れている人(開発グループの一人)は体の軸を保ったまま方向を変えている

軸を保ちながら全身を傾けてのターン

軸を保ちながら全身を傾けてのターン

しかしこの姿勢、とるのが結構難しい。倒れ込むような感覚なので、できるという確信がないと怖くてこの姿勢がとれない。ある程度のスピードも必要だ。緩いと倒れてしまう。すぐにはできないと思い、別の方法として、自転車に乗るような感覚で腰を落とし、腰で重心を動かすという方法をとってみた。自転車で重心移動のみで曲がるときと同じ感覚なので、割と安心してやれる。同じように自転車に乗っているような姿勢でターンしている人をみつけた。

自転車に乗る姿勢でターン

自転車に乗る姿勢でターン

悪くないのだが、エレガントではないし、中腰姿勢を取り続けるのでかなり疲れる。それが難点とわかった。なかなかポイントがわからない。ほかに、曲がり方を考察してくれている人がいて、彼の説によればlean in する(曲がる方向に向かって内側に傾く)のがよい

体を内側に傾けるターン

体を内側に傾けるターン

ということで再度、lean in に挑戦してみた。スケートボードの人達もそうしているみたいだったので。しかしなかなかきれいに lean in できない。どうしても体の軸がぶれ、安定しない。工夫しているうちに、ふとポイントをみつけた(ような気がする)。首の向きでコントロールできる。もう少し詳しくいうと、第7頸椎のあたり、肩からの骨とつながるところが動きの中心と感じた。

赤丸あたりで動きを制御するとうまくいった

赤丸あたりで動きを制御するとうまくいった

ここを起点にして向きを変えると、体の軸が保たれ、調子がよい。ふらつかなくなった。こういった現象についてどのような知見があるのか調べてみたところ、第7頸椎直下の動きと重心の安定性の間に相関があるとの報告を見つけた(立位バランスに寄与する要素の一考察)。というのが今日の発見。(と思ったら間違いだったので訂正:論文で指摘していたのは胸骨だった。頸椎ではなかった。やりなおし。)

第7頸椎を中心とした運動を緻密に制御するには、「どこを見るか」を意識するとよい。実のところ、Halfbikeの乗り方アドバイスに「遠くをみるように」とある。「遠くを見る」ことは首の位置を正常に保ち、重心を安定させる効果がある。太極拳だと力を出すときにその方向をしっかり「見る」ようにと指導されるのだが、そのことが重心を動かすことにつながっているのかもしれないと思い至った。ばらばらになっていた知識が統合されたようでうれしかった。

皇帝にもらった花のたね

シャンティ国際ボランティア会というところが海外のこどもたちに絵本を送る運動をしており、依頼があったのでカレン族の子どもたちに本を送ることにした。今回送るのは「皇帝にもらった花のたね」という本である。皇帝が子どもたちに花の種を配り、育てさせて、その結果(花)を見せに来させるという話で、実はその種は芽が出ないように細工されているのだが、一人(主人公)だけ正直に芽が出なかった鉢を持参したため誠実さを褒められるという話。皇帝も意地が悪いなと思った。人を試してはいけない。

カレン文字で自分の名前を書くようになっており、表から自分の名前の字を拾って写した。なかなか変わっている。

皇帝にもらった花のたね(カレン族の言葉に翻訳されたものがシールになっており、それらを貼って提出する)

皇帝にもらった花のたね(カレン族の言葉に翻訳されたものがシールになっており、それらを貼って提出する)

カレン族の文字で「つとむ」と書いた。文字はタイ語から借用しているらしい。

カレン族の文字で「つとむ」と書いた。文字はタイ語から借用しているらしい。

記憶の運河

小山景子さんのCD「記憶の運河」が届いた。2012年12月の発売だが、元のアナログLPが出たのが1994年。さらに録音は主として1980年代だから30年くらい前の作品である。なぜこれをみつけたかというと、GravenhurstというグループのCDが聴きたいと思い、最近はどのような作品を出したのか調べたことがきっかけである。Gravenhurstの第一作(FlashlightSeasons)が2004年に発売され、その頃よく聴いていた。その後、ビートの効いた音楽を聴かなくなったが、彼の曲は独特の雰囲気があったので耳に残り、また聴きたくなったのである。結果として作詞・作曲を務めていた人(N. J. Talbot, 1977年生まれ)が2014年に亡くなっており、「最新作」はないことがわかった。死因などは明らかではないが自殺だろう。彼が書き続けてきた曲の歌詞からそう思う。

届いたCDと映画館でもらった絵はがき

届いたCDと映画館でもらった絵はがき

自分よりも若い人がよい曲を作っていて一時よく聴いていたから、10年くらい経った時にまた聴きたいなと思い、探したらすでに亡くなっていた、なんていうのは自分が無駄に生きてきたみたいで侘びしい。何が起きたのか調べているうちに上述の小山景子さんがGravenhurstのThe Diverを訳していたのを見つけたのである。

小山景子さんのことは存じ上げていなかったが、興味深いことを書いていたので調べてみたところ上述のCD「記憶の運河」を見つけた。Amazonの紹介には共演者について書かれており、その中に知っている人を見つけ、その頃の記憶が蘇ってきた。知っている人とは、松井亜由美さん(violin)である。知っているといっても一度、一緒に演奏したことがあるだけで、しかも演奏といってもお互いの音楽性を探り合うような、オーディションのような場だった。

なぜそんなことになったかというと、カトゥラ・トゥラーナ(Katra Turana)というバンドがピアニストを探しているから一度、彼らと演奏してみないかと勧められたのである。おぼろげな記憶では、勧めてくれたのは水木さんで、彼は後に青土社に入って編集の仕事についた。大塚駅から歩いてスタジオに行き、彼らと一緒に演奏した。松井さんは即興で無調の前衛的なフレーズを弾いた。リーダー&ボーカルだった人の下宿を訪ねていった記憶もあるが、それはスタジオ入りする前だろう。女装してステージに立ち、何語かわからない歌詞で歌うという強烈な個性の人だった。何だかよく分からないままにリハーサルが終わった。

説明が遅れたが、大学生となって上京したばかり、19歳のときの話である。リーダーの人がずいぶん年上に見え、松井さんもおそらく20代半ばであり、ある程度キャリアを積み、上り調子にあるバンドに無知な19歳の少年が加わるのは無理があった。前のピアニストが芸大の人で、メシアンに傾倒していて、その人がフランスに留学していなくなるので新しい人を捜しているという説明にも面食らった(その頃世に出た1stアルバム)。演奏自体はそれほど悪くなかったと思うが、ぶっ飛んだ人達だったので怖じ気づいて早々に断りの電話を入れてしまった。今になって思えば、これらの人達に比べて自分が未熟で若すぎた。

そんなことを思い出し、懐かしかった。CDの最初三曲にviolinが入っているが、音を聴いて記憶を辿った。堅い、厳格な演奏だったようだ。このCDが出るまで紆余曲折があったのだと小川さんのページに書いてあった。

ここに出てくる竹田賢一氏とは(在学中)後々、演奏会で一緒になった。大正琴にディレイをかけて即興演奏するという独創的なスタイルで印象に残っている。今も変わらぬスタイルで音楽に取り組んでいるようだ。

その演奏会には工藤冬里さんも参加していて、待ち時間に包丁で自分の手首をマッサージしており、自殺願望の強い人だなぁと思った。小川さんは工藤さんとも共演している。

上述のページに小川さんが書いているが、パンクでもなくプログレでもない、ジャズなのかフォークなのか、ロックなのか、分類できない人達に自分も紛れていた。そういう人が多くいたように思う。大学にあった練習場にはそういう人達が出入りしていて影響を受けた。現状からは想像しにくいが、学生でない人も出入りして輪講などに参加していたのである。面白いことがあるから観に行こうと友達に誘われて教室に行ったら(まだ学生だった)「いとうせいこう」が芸を披露していたこともあった。感度の高い学生にしかわからないギャグを連発しており、その後の彼よりも尖っていた。第三舞台もまだキャンパス内で公演していた。キャンパス内に創作の熱気があった。

水木さんのとは別のバンドで(ピアノでなく)ギターを弾いていたが、そちらでは弦に釘などを差し込んでプリペイドピアノみたいに音を変え、エフェクターを深くかけて騒音をまき散らしていた。そちらのバンドで演奏するときはコンサートで一緒になる人達も危ない感じで、演奏前に聴衆に睡眠薬を配ったりするなど無茶苦茶だった。聴きに来てくれていたIくんが、これはいい薬ですよというので自分の分をあげた。

そんなことも思い出しながら小山景子さんのCD「記憶の運河」を聴いた。近そうなのに演奏を聴いた記憶がないのは、微妙に異なったサークルにいたからなのだろう。とはいえ、演奏からはあの時代の空気を濃厚に感じる。インターネットも、携帯電話さえもなかったあの時代の空気を。

夜、ブレードランナー2049を観に行った。小山景子さんのCDを聴きながら、金沢駅前の渋滞を抜け、開始時間を数分すぎた頃にようやく映画館に到着した。最初の方は宣伝なので、見逃す部分もなく本編を最初から見た。映画は素晴らしかった。第一作のストーリーを上手に取り込んでいて、テーマを深めていた。AI(人工知能)や仮想現実、アンドロイド、斬新なテクノロジー、インタフェース、憂鬱な天気。しかし第一作を見たときほどの感動がない。帰り道、ずっと考えていて、現実が映画の世界に近づいたせいだと気づいた。

私が第一作をみたのは1983年で、公開の翌年である。公開時は無視された形だったのが少しずつ評判を呼び、再上映されたところを見た。その時も一部の人の間でのみ評判となっているカルトムービー的な扱いだった。しかしその世界観は圧倒的で、想像力を刺激された。インターネットも携帯電話もスマートフォンもiPadもなかったのである。人工知能のこともその頃は知らなかった。それから34年が過ぎた。現実はブレードランナーの世界にかなり近づいた。

素晴らしい映画なのに、それほど感動できないのは残念だ。自分と社会が変わったせいだ。1982年が懐かしかった。音楽も変わった。